イベント&トピックス

2016.07.25

ガンバ大阪のスポンサードを始めたTOYO TIRES。大興奮のホーム初戦をレポートします。

TOYO TIRESは、7月1日から、日本プロサッカーリーグ加盟のJ1チーム「ガンバ大阪」とプラチナパートナー契約を結んでいます。ガンバ大阪は、Jリーグ創設時より加盟していたチーム(オリジナル10)のひとつで2016年からは新設された「市立吹田サッカースタジアム」を本拠地としています。J1セカンドステージ第2節(7月9日)は、ホームゲーム初戦となる対ベガルタ仙台戦。もう各種イベントではおなじみ、すっかり出張が慣れっこになったTOYO TIRESブランドの廃タイヤでできたライオン像「THE LION」が、この日はガンバ大阪の応援に駆けつけました。

 

img_whoTHE LIONのお隣はだれでしょう?? 答えはのちほど!

  

img_b今にも動き出しそうな存在感に、通りかかったサポーターの皆さんからも「なにこれ!すごい!」「このライオン、タイヤでできてるの?」「これ、乗れるんちゃうん!」とあっという間に人だかり。ちょっとした撮影会がスタートしてしまいました。小さいお子さまは、ライオン像の迫力におっかなびっくり。近寄れないけど気になる、気になるけれど近寄れない…笑。ライオン像の前から離れられないお子さまたちが何人も・・・。

  

img_glさて、さきほどの正解は、ガンバ大阪のマスコット「ガンバボーイ」くんでした。ガンバボーイは、不動の背番号「0」を背負ってガンバ大阪を支えています。選手とともにサポーターの応援への感謝も忘れません。とっても愛嬌があって、もちろんホスピタリティも満点です。セカンドステージから新しくユニフォーム(パンツ)にTOYO TIRESのロゴが入っていることもしっかりアピール。カメラに向かってロゴを指さし、左足を前に出してくれました!さすがです。
おや? よ~くみると。。。。。THE LIONのたてがみとガンバボーイの髪型似てると思いませんか?

  

img_entガンバ大阪の本拠地・市立吹田サッカースタジアムは、1970年に大阪万国博覧会が開催された会場、万博記念公園内に建設されたサッカー専用スタジアムです。自然豊かな広大な敷地にその威容を誇っています。スタジアム近隣には、昨年秋にオープンした大型複合施設「EXPO CITY」や高さ日本一の大観覧車もあり、北大阪エリアの人気スポットのひとつです。試合数時間前から、青黒ユニフォームを身に着けたサポーターの皆さんが続々と集結してきました。

 

img_ca開場時間の16:30には雨があがり、入場されるサポーターの皆さんに、当社のゆるキャラ「わっくま」特製うちわを配り始めました。あっという間に300枚を配布完了。「わっくま」も「THE LION」に負けない人気でした。

  

img_t市立吹田サッカースタジアムの大きな特徴は、サッカー専用のスタジアムであること。陸上トラックもなくコンパクトで、観客席最前列からフィールドのタッチラインまでの距離が非常に近いのです。選手に手が届きそうな近さに私(長田)も思わず大興奮。声援がスタジアム内でとても反響するので、試合中は常にハイテンション!ゴール裏側のLED看板にTOYO TIRESの文字が流れると、さらに気持ちも高揚しました。

 

img_wこの日は、ガンバ大阪が3-1で快勝!おめでとうございます!サッカーのことをよく知らない人でも、選手たちの息づかいまで聞こえてきそうなほど臨場感のあるスタジアム、盛り上がりは間違いありません。実はわたくし、これが初めてのスタジアム観戦。次回は、青黒ユニフォームを着て、ゴール裏最前列で跳びはね応援する所存でございます!

  

img_ub選手たちの一番大切な足(ユニフォームのパンツ)をTOYO TIRESのロゴがしっかりサポート。とても誇らしく思いました。日本国内の名門クラブを応援できる喜びはひとしお。今後もさまざまな応援企画を検討していきます。頑張れガンバ大阪!めざせ優勝!

[リポート:長田]

【TOYO TIRESスポンサードスタート記念!】
東口選手、遠藤選手、今野選手のサイン入りユニフォームプレゼントキャンペーンを開始します。ふるってご応募ください! 
■応募フォーム:締め切りました。ご応募いただきありがとうございました。
img_banner

 

ニュース