イベント&トピックス

2013.11.25

「SEMA Show 2013」リポート【TOYOブース編】


11月4日~8日の5日間、米国ラスベガスにて、北米最大のアフターパーツ展示会「SEMA Show 2013」が開催されました。過去最大規模で圧倒的な存在感を出したToyo Tire U.S.A. Corp.(以下TTC)の出展をリポートします。


SEMA Showには、毎年2,000社以上の自動車関連企業が出展。ビジネスの足がかりを求めて、米国のみならず全世界からアフターパーツ関係者が集まります。展示会場は巨大!!なんと、東京ドーム7個分にもおよびます。


今年のTOYO TIRESブースは過去最大規模!3エリアにわたって出展しました。メインブースでは、TTCがサポートしているオフロードレーサーBJ Baldwin(バルドウィン)選手とコラボ。なんと天井からBaldwin選手のトロフィートラックを吊すという大胆な演出に、来場者も大興奮!多くの方がカメラで撮影していました。


そして、今年初めての取り組み、「TOYO TIRES TREADPASS」。


「TOYO TIRES TREADPASS」は、サウスホールとセントラルホールを結ぶ広大なエリアをTOYO BLUEがジャック。北米で人気の高い当社製品「PROXES」や「Open Country」を装着したカスタマイズ車が、ズラリと展示された風景は圧巻でした。


日が暮れてもまだまだSEMA Showは続く…。会期3日目17時過ぎから屋外特設コースにて、TTCがサポートするオフロードレーサーによるデモランを実施!高いドライビングテクニックを惜しむことなく繰り出し、その走りに多くのファンが湧き上がりました。
北米は、当社戦略地域の一つ。今後の新たな取り組みにもぜひご期待ください!

[リポート:三角]

ニュース