ばらつき係数(高減衰ゴム系積層ゴム支承)

G0.35

項目 剛性+側 剛性−側
Geq heq, U Geq heq, U
製造ばらつき※ +10% -5% -10% +15%
温度依存性
(0〜30℃)
+14% +3% -1% -2%
(+17%) (+5%) (-2%) (-3%)
経年変化
(60年後相当)
+7% -12%
(+9%) (-15%)
合計 +31% -14% -11% +13%
(+36%) (-15%) (-12%) (+12%)

※ 製品個々はGeqは±15%、heqは±20%
注) ( )内は告示設計で使用する値(基準値)

温度依存性一覧
温度(℃) -20 -10 0 10 20 30 40 50
Geq比
(対20℃)
測定値 1.47 1.22 1.14 1.05 1.00 0.99 0.93 0.90
基準値 1.57 1.27 1.17 1.06 1.00 0.98 0.91 0.88
heq比
(対20℃)
測定値 1.15 1.06 1.03 1.02 1.00 0.98 0.98 0.98
基準値 1.18 1.08 1.04 1.03 1.00 0.97 0.97 0.97

注) 中間の値は直線補間で求める。

G0.39

項目 剛性+側 剛性−側
Geq heq, U Geq heq, U
製造ばらつき※ +10% -10% -10% +10%
温度依存性
(0〜30℃)
+14% +7% -6% -3%
(+17%) (+8%) (-7%) (-4%)
経年変化
(60年後相当)
+5% -10%
(+6%) (-12%)
合計 +29% -13% -16% +7%
(+33%) (-14%) (-17%) (+6%)

※ 製品個々は±20%
注) ( )内は告示設計で使用する値(基準値)

温度依存性一覧
温度(℃) -20 -10 0 10 20 30 40
Geq比
(対20℃)
測定値 1.52 1.29 1.14 1.06 1.00 0.94 0.86
heq比
(対20℃)
測定値 1.22 1.13 1.07 1.02 1.00 0.97 0.96

注) 中間の値は下式から求める。

基準値は以下の式から求める。
αGeq(T)=1.1426-0.0111T+0.0003T2-0.000005T3
αHeq(T)=1.0676-0.0052T+0.0001T2-0.000001T3
Geq(T)=αGeq(T)+(αGeq(T)-1)x0.2
Heq(T)=αHeq(T)+(αHeq(T)-1)x0.2

ただし
Geq(T) : 温度T℃におけるGeqの基準温度(20℃)におけるGeqに対する比
Heq(T) : 温度T℃におけるHeqの基準温度(20℃)におけるHeqに対する比

G0.62

項目 剛性+側 剛性−側
Geq heq, U Geq heq, U
製造ばらつき※ +10% -10% -10% +10%
温度依存性
(0〜30℃)
+41% +8% -13% -1%
(+49%) (+10%) (-16%) (0%)
経年変化
(60年後相当)
+26% -10%
(+31%) (-12%)
合計 +77% -12% -23% +9%
(+90%) (-12%) (-26%) (+10%)

※ 製品個々は±20%
注) ( )内は告示設計で使用する値(基準値)

温度依存性一覧
温度(℃) -10 0 10 20 30 40
Geq比
(対20℃)
測定値 1.79 1.41 1.17 1.00 0.87 0.78
基準値 1.95 1.49 1.20 1.00 0.84 0.74
heq比
(対20℃)
測定値 1.14 1.08 1.03 1.00 0.99 1.00
基準値 1.17 1.10 1.04 1.00 1.00 1.00

注) 中間の値は直線補間で求める。



免震ゴム 製品一覧