コンセプトは
空気のいらない新しいタイヤ

約120年もの間、その構造が変わることのなかった自動車用タイヤ。
EV(電気自動車)や自動運転技術などモビリティ社会が新しい時代を迎えている今、
「空気を必要とする」自動車用タイヤの構造も進化が求められています。

ガソリンスタンドのセルフ化やEVの自宅充電、カーシェアリングの普及など
モビリティ社会のパラダイムシフトは、自動車用タイヤのメンテナンス機会を少なくしていくと予想されます。

そこで、TOYO TIRESは2006年から
“メンテナンスフリーの追求” と “スペアレスソリューションの具現化”に向け、
エアレスタイヤの研究と技術開発に取り組んできました。

そして、2017年9月。
業界に先駆け、乗用車装着での高速走行が可能なレベルへ到達した
空気のいらない新しいタイヤ「noair(ノアイア)」の技術発表を行いました。

noairは空気を充填していないので
パンクすることがありません

noairはパンクの心配がありません。
自動運転が普及した際にもパンクや高速走行時の
バーストの心配がない走行を可能にします。
また、スペアタイヤを搭載する必要がないので
車の重量が軽減され、燃費の向上にもつながります。
車両写真提供 株式会社FOMM



メンテナンスフリー

たとえば、電気自動車が普及し自宅での充電が主流になれば、
今までガソリンスタンドなどで実施していた
タイヤのメンテナンスをする機会が少なくなります。
noairは、空気充填していないので
空気圧チェックをする必要がありません。

優れた環境性能

転がりやすいから、
燃費が向上。

転がりやすいから、
燃費が向上。

noairは、特殊樹脂によるX字型スポークや
Nano Balance Technologyによって開発された
低燃費トレッドゴムの採用など、
TOYO TIRES独自の技術によって
従来のタイヤに比較して転がり抵抗値が、向上しました。

高い安全性能

ウェット制動性能が向上

濡れた路面でのブレーキ性能を表す
ウェット制動距離を短縮。
「よく転がり、しっかり止まる」noairは、
燃費性能と安全性能を、高次元で両立させた
エアレスコンセプトタイヤです。

高い安全性能

ウェット制動性能が向上

濡れた路面でのブレーキ性能を表す
ウェット制動距離を短縮。
「よく転がり、しっかり止まる」noair は、
燃費性能と安全性能を、高次元で両立させた
エアレスコンセプトタイヤです。

空気の力を利用した
従来のタイヤ構造を一新

従来は空気で自動車の重量を支えていたタイヤ。
noairは、特殊な樹脂を交互に交差させたX字型スポーク構造を採用。

X字型スポーク構造

タイヤ側面側と内側を交互に交差させて、
「X」のカタチでスポークを構成。
独自の支持構造形態を実現し、耐久力を大きく向上させました。

低燃費トレッドゴム

路面に接する部分には、Nano Balance Technologyによって
開発した低燃費トレッドゴムを採用。
「走る、曲がる、止まる、支える」というタイヤの基本性能を、
空気を充填せずに実現しました。

低燃費トレッドゴム

路面に接する部分には、Nano Balance Technologyによって
開発した低燃費トレッドゴムを採用。
「走る、曲がる、止まる、支える」というタイヤの基本性能を、
空気を充填せずに実現しました。

エアレスタイヤ開発の世代経緯


1.X字型スポーク構造

タイヤ側面側と内側を交互に交差させたⅩ字型スポークを構成し、耐久力を大きく向上。
さらに、スポーク本数を100ピッチにしスポークにかかる荷重低減と静粛性を実現。

2.トレッド

路面に接する部分には、材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」によって開発した
低燃費トレッドゴムを採用。

3.外径リング

樹脂で構成する外径リングの内部にCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)を配して
補強することにより、スポークにかかる荷重を低減。

「空気を入れないタイヤを作る」ことは、丈夫なタイヤを作るということだけではありません。
空気を充填することによって、果たしているタイヤの機能すべてを、
空気に頼らず、「自動車を安全に、快適に走行させる」ということなのです。
TOYO TIRESは、2006年からタイヤづくりの技術を活かし、さまざまな研究、実験を重ね、
業界に先駆けて、実際の乗用車での走行が可能なエアレスタイヤの開発に成功しました。

TOYO TIRESは、モビリティ社会の変革に応じた
新しいタイヤ提案の一つとして、
更なる進化を遂げるべきエアレスタイヤの研究と
技術開発に取り組んでいきます。

長年にわたって空気が支えてきた、
タイヤという車のデバイスを変える。


新しい時代へ向けた、
コンセプトタイヤ