シミュレーション技術「T mode」

シミュレーション解析で、狙ったタイヤ性能を設計できる「T mode」

タイヤ解析技術と、ドライビングシミュレーションを融合した独自のタイヤ設計技術

タイヤの挙動と構造を解析する一般的なタイヤシミュレーションと、クルマの動きを解析するドライビングシミュレーションとを融合することにより、クルマの種類と使い方に合せたタイヤ設計を可能にしています。「T mode」はタイヤ設計者自身がシミュレーション解析を行えるように独自開発しており、タイヤ開発のさらなる効率化を実現していきます。

ドライビングシミュレーション

車重や全長などの車に関するさまざまな情報に加え、乗員数や荷物の量、走行パターンまでをコンピュータ上で細かく再現。走行中に刻々と変化するタイヤの負荷や状態の把握を可能にしています。これにより、高性能なタイヤづくりに貢献しています。

タイヤシミュレーション

タイヤの挙動や構造の解析とドライビングシミュレーションと融合することで、よりお客様に最適なタイヤづくりを実現しています。

詳しくは、タイヤ製品サイト

研究開発・技術開発