• タイヤ
  • 履き替える前に知っておきたい、スタッドレスタイヤの”新品”と”中古”の性能差
お知らせ
home

履き替える前に知っておきたい、スタッドレスタイヤの”新品”と”中古”の性能差

Editor :   さとこ

harada
studless_seinousa_icatch

溝の深さが新品時の50%未満になると冬用タイヤとして使用できなくなる「スタッドレス」。使用条件や使用頻度によっても異なりますが、一般的な寿命は3~5シーズン程度といわれているようです。今年買い替えを迷っている方のために、今回はスタッドレスタイヤの「新品と中古の性能差」についてご紹介します。

溝は残っているのに! スタッドレスの性能は低下

タイヤは様々な材料からできたゴム製品なので、ゴムの特性が変化するに伴いタイヤの特性も変化します。スタッドレスタイヤに関しては、ある程度年数の経過したタイヤではゴムの硬化が進み、タイヤに十分な溝が残っていても冬道でのグリップ性能が低下する可能性があります。

4本のうち1本だけ新品に交換はアリ? ナシ?

また、スタッドレスタイヤに限らず、同じタイヤをすべての車輪に装着して初めて、設計通りの性能が発揮できるように作られています。仮に同じ種類のスタッドレスでも、部分的な交換は摩耗の偏ったタイヤで走行することになり、性能差が大きくなるとともにタイヤの寿命を縮めてしまいます。スタッドレスは4輪すべてに装着するのはもちろんのこと、買い替え時にはなるべくまとめて交換するのが賢明です。スタッドレスを長持ちさせたければ、定期的な取り付け位置の交換(ローテーション)で摩耗のバランスをとるのも有効ですよ。

中古スタッドレスはお手頃だけど……買い替えるならやっぱり新品がオススメ

カーショップには、新品だけでなく中古のスタッドレスを扱っているところもあります。安価で手に入れられるのは確かに魅力的ではありますが、雪道という使用場面を考えるとやはり性能を第一に考えたいところ。特にスタッドレスは年々技術が進化しているので、これから買い替えるなら最新技術を取り入れた新品がオススメです。

だんだんと日が短くなり、朝晩は冷え込むことも多くなってきました。そろそろスタッドレスへの履き替えシーズンがやってきます。買い替えを検討しているという方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。新品タイヤ購入の際には、「皮むき」運転もお忘れなく。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

3こちらが最新の記事です

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu