• タイヤ
  • そろそろシーズン到来!スタッドレスタイヤを装着前にチェックしたいポイント
お知らせ
home

そろそろシーズン到来!スタッドレスタイヤを装着前にチェックしたいポイント

Editor :   じゅんや

nunosiba
Woman replacing tire of her car

気づけば今年もあと2カ月を切りました。過ごしやすい季節もつかの間、寒~い冬はもうすぐそこに近づいてきています。冬のドライブで気をつけたいことといえば、何といっても雪対策。北海道では早くも11月頭ごろから雪が降り始めます。タイヤの履き替えに備えて、確認しておきたいポイントをご紹介します。

交換のタイミングは初雪の時期をチェック!

雪が降り始めてから慌ててスタッドレスタイヤに履き替えると、ナットの締め忘れなどうっかりミスを起こしがち。寒さが増してきたらこまめに天気予報をチェックして、住んでいる地域の初雪時期をしっかり把握しておきましょう。交換のタイミングは、初雪が降る直前の天気のよい日がベストですが、できるだけ余裕をもって交換しておきましょう。この時、空気圧は必ず確認を!

新品タイヤは「皮むき」を忘れずに

新品のスタッドレスタイヤに履き替えたときは、必ず乾いた路面で慣らし運転をしておきましょう。「皮むき」とも呼ばれるこの作業をすることで、製造過程で発生したタイヤ表面の薄い膜を取り除くことによってトレッドゴム本来のアイス性能(凍った路面をひっかいたり路面の水膜を除去したりして、すべりにくくする性能)を発揮させることができるのです。

慣らし運転は時速80km以下で走行距離は100キロ以上が目安。これを済ませておくと雪が降っていないときのスタッドレスタイヤ独特の運転感覚をつかめるという利点もあります。ご存知の方も多いかもしれませんが、スタッドレスタイヤはその性質上、ドライおよびウェット路面におけるブレーキ性能がノーマルタイヤに比べて劣るため、制動距離が長くなってしまうのです。

タイヤのすり減り具合をチェック

昨シーズンに引き続き同じスタッドレスタイヤを使う場合は、装着する前にすり減り具合をチェック。スタッドレスタイヤの使用限界は、表面の溝の深さが新品時の50%未満になったときといわれています。それを知るためにタイヤの溝には冬タイヤとしての使用限度の印「プラットホーム」がついています。プラットホームはタイヤの側面、ホイール付近にある「↑」マークの延長上にあります。

WS0000021

1カ所でもプラットホームが露出していると、冬タイヤとして使い続けるのは大変危険なので、すみやかに交換しましょう。

外が寒いとどうしても外出がおっくうになりがちですが、ウインタースポーツや美しい雪景色など冬ならではの楽しみは盛り沢山。タイヤのメンテナンスをしっかりして、冬の時期もアクティブに過ごしたいものですね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu