• タイヤ
  • 足元もピカピカにしませんか? タイヤメンテナンスの基本ポイント
お知らせ
home

足元もピカピカにしませんか? タイヤメンテナンスの基本ポイント

Editor :   じゅんや

nunosiba
wash-tire

定期的に洗車はしていても、タイヤ部分のお手入れ、忘れていませんか? タイヤは路面と直接触れるものだけあって、ボディ以上に汚れやすい部分です。メンテナンスをする上で最低限おさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

洗い方の基本は水洗い

タイヤの洗浄は、「水洗い」が基本です。洗剤を使ったほうがキレイになりそうなものですが、場合によってはタイヤを痛めてしまうことも……。洗浄するときはタイヤ全体を水で十分に濡らし、ブラシを使って丁寧にホコリや汚れを落としてあげましょう。汚れがひどくどうしても洗剤を使用するときは中性洗剤を使用しましょう。

溝部分に入った小石なども取り除き、最後に乾いたタオルでしっかりと拭き上げれば洗浄完了。その時は一緒に溝の摩耗状態の確認、外傷やパンクのチェックなど行うと理想的です。また、エアーゲージをお持ちの方ならタイヤの空気圧もチェックするといいでしょう。お持ちでない方は次の給油時などにチェックしてくださいね。

タイヤ用の美化剤

タイヤがキレイに見えるため、ついつい仕上げに使いたくなる「美化剤」ですが、ものによってはタイヤにダメージを与えてしまうものもあるようです。美化剤選びについては販売店におたずねくださいね。もともとタイヤには老化防止剤などの薬品が含まれていて、それが徐々に表面に出てくることでヒビ割れを防いでいます。美化材を使うのは少し控えめがおすすめです。

汚れやすいホイールは、専用のブラシで

特に汚れやすい「ホイール」は、ブレーキダスト(ブレーキを踏んだときに出る鉄粉汚れ)が付着しやすい部分。ブレーキダストは金属の粉ですから、放っておくとサビつき、ますます落としにくくなる厄介な汚れなので、なるべく早めに落としたいところです。

洗浄するときはいきなり擦らずに、しっかり水洗いをしてから専用クリーナーを使いましょう。その際はボディ用のスポンジではなく専用のブラシで汚れを落とします。ブラシが入らない細かい部分には、やわらかめの歯ブラシがオススメですよ。タイヤ部分にはクリーナーが極力付着しないようにご注意を。

「オシャレは足元から」なんてよくいわれますが、クルマだって同じ。足元にも気を使うことで、全体の印象はグッと引き締まります。すみずみまでキレイな愛車で、お出掛けをさらにアクティブに楽しんでくださいね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu