• タイヤ
  • スタッドレスタイヤから夏用タイヤに交換するタイミングはいつ?
お知らせ
home

スタッドレスタイヤから夏用タイヤに交換するタイミングはいつ?

Editor :   じゅんや

nunosiba
pixta_13691964_M_post

立春も過ぎ、梅の花も咲きはじめ、春の気配がやってきた今日このごろ。しかしまだまだ寒いですし、地域によっては雪の気配が残っています。

雪道を走るとなると欠かせないスタッドレスタイヤ。トーヨータイヤのOBSERVE(オブザーブ)シリーズなど、昨今のモデルはアイス・スノー・シャーベットなど、様々な冬道で効果を発揮してくれます。

そんなスタッドレスタイヤをよくよく見たらミゾは夏用タイヤよりも深いし、このタイヤなら雪解けあとも安心して使い続けられるのでは…と考えてしまった方はいませんか? ガレージがある家庭ならともかく、マンションにお住いの場合は、夏用タイヤに交換したあとのスタッドレスタイヤの保管場所を確保しなくてはなりませんし…。

しかし、タイヤの「衣替え」は重要です。重要なことなのでもう一度書きます。タイヤ交換はとっても重要です!

ウェットグリップ性能は夏用タイヤのほうが上!

雪道でも滑りにくいため、「濡れた路面でも滑らない」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はそれは誤り。氷の路面に沿うように作られた柔らかいトレッドゴムは、路面の水膜を押しのける力が弱いので、夏タイヤに比べてウエットグリップが弱いのです。濡れた路面でのブレーキやコーナリングはより注意する必要があります。
またハンドルから伝わってくる感触も、ちょっとぐにゃぐにゃするところがあります。

乾いた路面でのブレーキ性能も夏用タイヤに軍配が

また、春以降の乾いている路面で使うと、ブレーキ時の制動距離が長くなってしまいます。その理由は素材のゴム。冬のアイスバーン走行用に開発されているため、-20度のような極低温でも柔らかさを保てるゴムが、気温が高い路面ではさらに柔らかくなってしまい、濡れた路面では摩擦力が低下し、かえって滑りやすくなってしまうのです。乾いた路面でも、排水のために深く刻み込まれた溝が変形しやすく、ブレーキ性能は夏用タイヤよりも劣ってしまいます。

ゆえに、雪が降らなくなったら夏用タイヤへの交換は必須です。それも雪が降らなくなったらできるだけ早い時期に交換しましょう。

山間部へのドライブ時には、行き先の「積雪」をチェックしよう!

pixta_13567746_M_post

とはいっても例外はあります。平地のみ移動する方なら春の訪れとともにタイヤを交換したほうがいいのですが、山間部での移動も考えている方は要注意です。山や木々で太陽の光がさえぎられている場所など、部分的に凍結している道もあるのですから。

特に、晴れているのに道が濡れて見えるブラックアイスバーン状態の場所は危険です。スタッドレスタイヤであっても急加速、急減速、急ハンドルでスピンしやすい場所だというのに、夏用タイヤでそういった場所を走ってしまったら…。

できるだけ早く交換したほうがいい。でも焦りすぎは禁物。早めに夏用タイヤに交換するのであれば、週末のドライブはGWが過ぎるまで平地のみにしたほうがいいですね。

なお、気象庁天気相談所が作成した「近年の東京の降雪日」によると、東京圏においても3月までは雪を観測する年が多く2006年度、2009年度には4月の雪も記録されています。

また「雪の状況(冬季のみ)」で、各管区気象台が作成した雪に関する情報がチェックできますよ。初めての場所にドライブする前には必ずチェックしてくださいね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu