main_observe_03

冬タイヤの”定番”!選ばれ続けるスタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」

open01

冬タイヤ、つまりスタッドレスタイヤに求めるものは何でしょうか? トーヨータイヤが⾏った消費者ニーズ調査の結果によれば、消費者がもっとも重視するのは「凍った路⾯での⾛⾏性能」で79.7%。次いで「雪が積もった状態での⾛⾏性能」が67.0%、「雪がシャーベット状になった路⾯での⾛⾏性能」が62.0%となっています。「耐久性」「価格の安さ」といった項⽬を押さえて、凍結路⾯、雪上、シャーベット路⾯での⾛⾏性能を重視する傾向がハッキリとしています。

このユーザーニーズをさらに詳細に⾒るために、もう⼀つの調査を参考にしました。タイヤを販売する現場である「⼩売り店・セールスマン」に対して⾏われた調査です。こちらでは、「スタッドレスタイヤを販売する際に、現場は何を重要視するのか?」という質問に対して、もっとも重要度が⾼いとされた項⽬は「アイス性能(発進・制動)」、次いで「アイス性能(コーナリング)」となっています。

02

ユーザーが重視する「アイス路⾯での⾛⾏性能」「積雪時の⾛⾏性能」「シャーベット状路⾯での⾛⾏性能」というニーズを、販売の現場に⽴つスタッフが汲み取った上で、具体的に表現すると、凍結路⾯や積雪・シャーベット路⾯でも「発進時に滑らずに加速できるか」 「ブレーキを踏んだときにキチッと⽌まれるか」「カーブで膨らんだり、⾞体の後部がブレないか」ということになる、といえるでしょう。

このような、真にユーザーが求める機能をクリアすべく、素材の配合やトレッドパターンを10年以上進化させ続けて来たのが、トーヨータイヤのスタッドレスタイヤ「GARIT」シリーズ。その最新形であり”究極形”が現⾏モデルの「OBSERVE GARIT GIZ」です。

最⼤の特⻑「NEO吸⽔カーボニックセル」が、冬のあらゆる路⾯で活躍!

03_

冬の路⾯といえば「凍結」「積雪」が思い浮かびます。しかし、それらの路⾯状況は”単独”で発⽣するものではありません。凍った路⾯が⾛⾏するタイヤの摩擦熱などで解けだし、浅い⽔たまりができた状態になったり、それが夜の気温低下によってアイスバーンになったり、その上に新たに雪が降り、柔らかい新雪の下にカチカチのアイスバーンが隠れていたり…。刻⼀刻と路⾯の状況は変化し、複合的に組み合わさります。

「OBSERVE GARIT GIZ」のコンセプトは、そのような冬のあらゆる路面で、走行時に安心感を得られるスタッドレスタイヤ。雪道を恐れることなく、ドライ路⾯を運転するときのようにしっかりと⾛るため、数々の技術の粋が詰め込まれているのです。

06

最⼤の特⻑は、タイヤの圧⼒によって、氷とタイヤとの間に⽣じるミクロの⽔膜を、瞬時に吸い取りスリップを防ぐ「NEO吸⽔カーボニックセル」。それまでのカーボニックパウダーと⽐べ、標準的な⼤きさのものでも直径は約20倍。吸⽔性能を⼤幅に向上させ、氷とタイヤをより密着できるようになりました。

これに、氷点下でもゴムの柔軟性を保つ「ナノゲル」による密着効果、氷よりも硬くアスファルトは傷つけない硬さの「⻤クルミ」によるひっかき効果が加わり、ユーザーが求める「しっかり密着してハンドルの動きを路⾯に伝える」「氷をひっかきしっかり⽌まる」というアイス性能を、さらに⾼めることに成功しています。

常に変わり続けるトレッドパターンは”進化の軌跡”

article_02

「OBSERVE GARIT2」(2000年8⽉発売)のアイス制動距離指数を100とした場合、現⾏の「OBSERVE GARIT GIZ」では70を切り、30ポイント以上向上しています。その進化がハッキリと分かるのが、トレッドパターン。

特に、タイヤ中央を縦に⾛る新吸着3Dサイプは「GARIT」シリーズに取り⼊れられたものとしては、もっとも新しい技術です。2009年発売の「GARIT G5」から採⽤された、センター部分に空洞をつけたサイプは、接地圧を最適化し均⼀にする働きを持ちます。これが「OBSERVE GARIT GIZ」ではさらに進化。サイプの切り込み形状を変更して、ブレーキ 時の圧⼒によってサイプが閉じ込むのを防ぎ、接地圧の最適化効果を維持しながら、タイヤ表⾯の⽔を取り除く効果とサイプのエッジ効果を⾼めているのです。

”究極形”スタッドレスで、冬のドライブに安⼼と楽しさを

article_01

数々の進化は、数字の上にもしっかりと現れています。「GARIT G5」と⽐較した性能試験の結果では「アイス制動性能」「アイスコーナリング性能」ともに、向上しています。

凍結路⾯で時速40kmのスピード直進⾛⾏し、フルブレーキしたときの制動性能では、停⽌距離は10%の短縮。同じく凍結路⾯で⾏われたアイスコーナリング性能では、14%向上しています。「吸⽔」「密着」「ひっかき」の3つの効果が同時に働き、タイヤへかかるクルマの重み、そしてハンドルからの⼒を路⾯にきっちりと伝えます。氷上でのレスポンスの良さは、安⼼感だけでなく、⾛る楽しさも⾼めてくれるはずです。

2014年に発表された「OBSERVE GARIT GIZ」が、いまだにトップモデルとして活躍しているその理由を、ぜひあなたのクルマでも体感してください!

 

open04
open05
TOYO TIRES driven to perform