• ドライブ
  • ドライブの秋!今すぐできる燃費向上術
お知らせ
home

ドライブの秋!今すぐできる燃費向上術

Editor :   さとこ

harada
ドライブの秋。燃費向上

1、意外な結果!?メルマガ読者の約7割が対策している!

 円卓会議第5回のアンケート「あなたは燃費対策をしていますか」の結果によると、実に約7割の方が何らかの対策をしていることが分かりました!ここ数年でガソリン代も高騰していることもあり、頭の痛い問題のようですね。

実録!みなさんの燃費対策あれこれ

  • ミニバンに乗っていますが軽量化の為、セカンドシートを一つ外しています。
  • メーターのエコモードが消えないように注意して運転。(急発進、急加速はしない)
  • ナビの付属機能(燃費判定モード)を常時ONにしてスムーズな加減速を心掛けています。 など

みんなの燃費対策は「円卓会議 第5回結果発表」へ

2、あなたのエコドライブ度は?

ドライブ中のちょっとした意識で燃費向上を図ることが可能です。
まずは、あなたのエコドライブ度を確認してみましょう。

あなたのエコドライブ度をチェック!

  1. ドライブ前に走行ルートを確認する
  2. 車内は整理整頓されている
  3. 発進は5秒かけてゆっくりと
  4. 停車中はエンジンをつけたままだ
  5. 車中ではエアコンをしっかりきかせる

いかがでしたか?1~3はYes、4~5はNoが、エコドライブの正解です。上記の項目は、エコドライブの基本です。それでは、「5つの基本」を再度詳しくご紹介します。

その1.ムダな走行はせず、計画的なドライブを

地図やカーナビで走行ルートをあらかじめ確認し、余裕を持って出発!ムダな走行を減らせば、それだけ燃料の節約になります。1時間のドライブで道に迷い、10分間余計に走行した場合、17%程度燃料消費量が増加します。迷い道防止のためには、カーナビソフトも定期的に最新版に。

その2車を倉庫代わりにしていませんか?

荷物の重量は燃費にも大きく影響します。キャンプ道具などのアウトドアグッズやゴルフセットなど普段使わない道具は車から降ろしましょう。車体が重くなると、ドライバーの加速感覚が変化し、運転の際にアクセルを強く踏むなど、効率の悪いドライブをしてしまう傾向があります。

その3急発進・急加速はもったいない!

信号が青に変わった瞬間、横の車とスタートダッシュを争っていませんか?エンジンの回転数を急激に上げないよう、アクセルは「ふんわり」と。5秒かけて時速20kmまで加速させる「ふんわり発進」で、燃費は約10%向上します。また、走行中も一定の速度を保つのが理想です。車間距離を保つなど、余裕を持った運転を意識しましょう。

その4少しの待ち時間でも、アイドリングストップを

例えば、車内での人待ちや、コンビニに立ち寄るときなど、ちょっとした停車時でもアイドリングをやめてエンジンをストップしましょう。アイドリング(エアコンOFFの場合)を10分間行うと、130cc程度の燃料を消費します。アイドリングストップは平成7年7月に兵庫県が全国で初めて条例制定するなど、各自治体でも取り組みが進んでいます。

その5エアコンは賢く適切に使おう!

過剰なエアコンの使用も燃費を悪くする一因に。夏場のエアコンには外気導入より内気を循環させると、無駄な燃料消費を抑えられます。冬は曇ってしまうので、バランスが大事です。

3、あなたのタイヤの空気圧はエコレベル?

空気圧チェック、4割が月1回点検

日本自動車タイヤ協会(JATMA)が2012年に行った「タイヤの空気圧点検についての意識調査」によると、およそ8割のドライバーが「空気圧が下がると燃費が悪くなる」ことを認識しています。ところが、推奨される月1回のチェックを行っているのはたったの4割のみ。空気圧チェックを定期的に実施している人は思ったよりも少ないようです。

どうして月1回のチェックなの?

タイヤの空気圧は1ヶ月でおよそ10~20Pa自然に低下します。
タイヤの空気圧が不足すると燃料の消費が増加します。例えばタイヤが適正値より50kPa程度低い状態で走行した場合、市街地の走行で約2%、郊外では約4% も燃費が悪化するというデータがあります。つい点検を忘れてしまうという方は、給油時や洗車時など、定期的に行うことと一緒に点検すると決めて、クセ付けすると良いでしょう。自転車のタイヤに空気が入っていないと、こぐのが大変だったという経験はないですか?同じように空気圧の低いタイヤでは自動車のエンジンに余計な負担がかかっているのです。また、見落としがちなのがスペアタイヤのチェック。空気圧の低下はスペアタイヤも同時に確認することが大切です。

4、燃費向上の成果を確かめよう!

燃費計やエコドライブナビゲーションなどのエコドライブ機能を活用すれば、がんばった分だけエコドライブ効果が実感できます。こうした機能がない場合は、「満タン法」を使って燃費を測ってみましょう。

満タン法で燃費チェック

5、エコドライブの強い味方!低燃費タイヤシミュレーション

タイヤを履き替えるだけでも燃費向上につながります。低燃費タイヤは、タイヤと地面の摩擦による「転がり抵抗」を減らしたタイヤ。燃費が改善し、使用する燃料の量が減れば、環境にもおサイフにも優しいエコドライブが実現できます。TOYO TIRESの「燃費シミュレーション」では、車種によって、一般のタイヤを低燃費タイヤに履き替えた場合のシミュレーションが可能です。

燃費シミュレーション

たとえば…

レジャー大好きのミニバンファミリーは、年間約6,000円の節約に!

1本120円の缶コーヒーなら、およそ50本分。いつも運転してくれるパパに、眠気ざましの1本をプレゼントできますね。

ドライブが趣味のスポーツカー男性は、年間約10,000円の節約に!

次のオイル交換はグレードアップ?それとも、恋人や奥さんを連れて、近場の日帰り温泉に行くのもありかも。
さらに詳しく!カーライフ別効果例を見る方はこちら

あなたにピッタリのエコタイヤを見つけて、燃費向上に取り組んでみませんか?

~愛車にピッタリのエコタイヤを見つけよう!~

愛車にぴったりのエコタイヤ

 

 

http://toyotires.jp/feature/

6、タイヤ点検イベントでエコドライブを実践!

東洋ゴム工業は、タイヤ安全啓発の一環として、タイヤ点検を毎年実施しています。拠点がある地元地域で、タイヤの空気圧点検や、タイヤ安全啓発資料の配布などを行い、安全なドライブのために、タイヤへの注意喚起を促す活動も実施しています。今年は、10月27日(日)にタイヤ技術センターがある兵庫県伊丹市の「イオンモール伊丹 1Fスカイコート」で実施予定。お近くの方は、ぜひご来場ください。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu