• ドライブ
  • 冬ドライブに必須!体を効率良く保温するコツ
お知らせ
home

冬ドライブに必須!体を効率良く保温するコツ

Editor :   さとこ

harada
hoonsurukotsu_icatch

スキーや温泉、イルミネーションなど、楽しいイベントがめじろ押しの冬ドライブですが、出かける気持ちを鈍らせてしまうのが「寒さ」。せっかくのお出かけなのに「寒さで体がこわばって大変だった」「風邪をひいてしまった…」なんて事態は避けたいですよね。今回は、寒い日のドライブで体を保温する&効率よく温めるコツをご紹介します。

上手な体の保温のコツ

体を温めるのに大事な部分が、ズバリ“3つの首”。「首」「手首」「足首」には太い血管が通っており、この3点を上手に温めると、体全体を効率良く温められます。それほど厚着をしていなくても、マフラーを巻いているだけで温かく感じるのはこのためです。首にはマフラーやストール、ネックウォーマー、手首には手袋、アームウォーマー、そして足首には厚手のソックスやレッグウオーマー、ブーツなどを着用しましょう。このとき、体にぴったりとフィットしたものではなく、ゆったり目のサイズのものを選ぶのがポイント。サイズが小さ過ぎるとその部分の血行が悪くなり、かえって逆効果になってしまうので注意したいところです。

全身を効率良く温めるコツ

さらに効率よく体を温めたければ、使い捨てカイロなどの防寒グッズに頼るのも手。背中側の首元や足首など、太い血管がある部分を中心に温めてみてください。また、うつむいたときに首と背中のあいだに背骨が出っ張る部分「大椎(だいつい)」や、おへそから指2本分下にある「気海(きかい)」、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにある「太谿(たいけい)」など、全身の冷えに効くといわれている「ツボ」を意識して温めるのもオススメ。ドライブ中であれば、シガーソケット対応の電気毛布やクッション、保温ドリンクホルダーなどを併用しても良いですね。

体がポカポカなら、もっとアクティブに冬の遊びを楽しめるはず。お出かけの際は、ぜひ今回ご紹介したコツを参考にしてみてくださいね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu