• 車について
  • 冬のドライブ前には”猫バンバン”。ちょっとした行動で命を守る
お知らせ
home

冬のドライブ前には”猫バンバン”。ちょっとした行動で命を守る

Editor :   さとこ

harada
nekobanban_icatach

狭くて暖かい場所が大好きな猫。冬場は暖を求めて、野良猫がエンジンルームやタイヤの間に入り込んでしまうことがあります。猫がいるのに気づかず発車してしまう事態を防ぐため、日産自動車が2015年から呼びかけているのが「#猫バンバン」プロジェクトです。

冬場はもちろん夏場も……一年中注意が必要

適度な狭さで、暗く、風雨もしのげる車は野良猫にとって理想的な隠れ場所。人通りの少ない駐車場に停めてある車ならなおさらです。冬場だけでなく、夏場は暑さをしのぐために入り込むこともあり、冬に限らず一年中同様の注意が必要です。また、駐車場所によっては猫以外にもタヌキや蛇がエンジンルーム内に入り込んだり、小動物や鳥が巣をつくったりすることもあります。長期間駐車した車を、久々に運転する際には、特に念入りにチェックしたいところです。

事故を防ぐためにドライバーができること

もしもエンジンルームに動物がいる状態で気づかずにエンジンをかけてしまった場合、中にいる動物がエアコンなどのベルトに巻き込まれて命を落とす危険性があります。タイヤ周辺に居るのに気づかずに発進してしまった場合は……もう想像もしたくないですよね。痛ましい事故を未然に防ぐために有効とされるのが、「猫バンバン」。車に乗る前にボンネットをバンバンと軽くたたき、耳をすませて猫などの動物が中に入り込んでいないか確認しましょう。車を軽く揺らしたり、クラクションを鳴らしたりするのも効果的と言われています。屋外で車を長期保管する場合は、猫避けグッズや忌避剤を活用するのも手です。それでも事故が起きてしまった場合は、すみやかにロードサービスやディーラーに連絡を。気づかず乗り続けた場合、異臭やエンジン故障の原因になります。

乗車前のちょっとしたアクションで守れる尊い命。「#猫バンバン」プロジェクト特設サイトでは、ステッカーや壁紙、ポスター用のデータを配布しています。ぜひ周りのドライバーさんにも広めてみてくださいね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

3こちらが最新の記事です

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu