• 車について
  • 春のドライブに必見!車内から花粉をシャットアウトする方法
お知らせ
home

春のドライブに必見!車内から花粉をシャットアウトする方法

Editor :   さとこ

harada
kahun_drive

過ごしやすい気候がうれしい反面、花粉シーズン真っただ中のこの時期。日本気象協会の予測によると、今年は3月にスギ花粉が、4月にヒノキ花粉がピークを迎えるそうです。しかしせっかくの春のお出かけ、花粉症だからといってあきらめたくないですよね。今回はクルマの中から花粉をシャットアウトする方法をいくつかご紹介します。

シャットアウト方法その1「ブラシで落とす」

車内のシートなどに付着しやすい花粉はブラシで落としましょう。使うブラシは、一般的な洋服ブラシでOK。さらにクルマに乗りこむ前に着ている洋服にもブラシをサッとかけて、車内に花粉を持ち込まないように心がければより効果的です。また、乾電池式で花粉を吸い込むタイプの花粉クリーナーもオススメ。ダッシュボードの中に1つ常備してみては?

シャットアウト方法その2「カーエアコンのフィルターを高機能タイプに」

目に見えないほど小さな花粉は、カーエアコンのフィルターを通過して車内に入ってきてしまうことも少なくありません。花粉の多いシーズンはエアコンを内気循環モードにするというのは基本的なテクニックですが、フィルターを高機能タイプに交換するという方法もあります。花粉をしっかりキャッチしてくれるだけでなく、PM2.5にも対応したものや、アレル物質抑制タイプなど、メーカーによってさまざまな機能を併せ持ったフィルターが販売されているので、用途に合わせて選ぶのがいいでしょう。また、近年は「花粉除去モード」を搭載した車種も増えています。これからクルマの買い替えを考えている方は、こういった機能の有無もチェックしておくのも、快適なドライブに役立ちます。

シャットアウト方法その3「車載用空気清浄機」

いくら気をつけていても、ドアの開閉時などの花粉の侵入は避けられないもの。車内の空気中に漂う花粉には、車載用空気清浄機がオススメです。販売されているものの多くはイオンの力で空気をきれいにするプラズマクラスター搭載のタイプですが、花粉の除去を目的とするなら、フィルタータイプで元から除去するタイプのものを選んでおきたいところ。花粉以外にも、食べ物やタバコのニオイなどにも効果を発揮してくれるので、1台持っておけば1年中活用できますよ。

少しの工夫で花粉シーズンのドライブも驚くほど快適に。普段の花粉対策にプラスして、春のお出掛けを思う存分楽しんでくださいね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu