• 車について
  • 真冬の霜対策、どうしてますか? 効果的な予防策とNGな対策とは…
お知らせ
home

真冬の霜対策、どうしてますか? 効果的な予防策とNGな対策とは…

Editor :   じゅんや

nunosiba
Winter scene, human hand in glove scraping ice from windshield of car

いつもよりもグッと冷え込んだ朝。車に乗ろうとしたらフロントガラスに霜がおりていた! そんな経験、誰でも一度はあるのではないでしょうか。スクレーパーを使うと傷が心配、水をかけてもすぐに凍ってしまう、かといってデフロスターは時間がかかるし燃費も気になる……忙しい朝にはとても手ごわく感じるものですが、ちょっとした対策で簡単に視界を確保できます。今回は真冬の霜対策のポイントをいくつかご紹介します。

効果的な予防策は「カバーをかける」

JAFが行ったユーザーテストによると、もっとも霜防止に効果があったのは、前日の晩にフロントガラスの上から「カバーをかけておく」こと。霜対策だけでなく、積雪時にはカバーを外すだけで簡単に雪を落とせるので冬場は特に重宝します。

カバーは1000円前後から販売されており、両端部分をドアに挟んで固定できるタイプを選んでおくとズレる心配もナシ。また、サンシェードと兼用のタイプなら、季節を問わず1年中活用できますよ。

熱湯で一気に解かすのはNG!

時間に追われている朝は、手っ取り早く霜を解かそうとついつい熱湯(お湯)をかけたくなりますが、実はとっても危険。フロントガラスに使われているのは主に2枚のガラスに樹脂などの中間膜を挟んだ「合わせガラス」で、耐衝撃性には優れているものの耐熱効果はありません。耐熱ではないガラスのコップに熱湯を注ぐと、ガラスの部分的な温度差によって「熱割れ」を起こしてしまうのと同じように、フロントガラスに熱湯をかけてしまうと破損の原因に。

また、フロントガラスには、別の車からの飛び石や、ワイパーに挟まれた砂やホコリなど、ちょっとした原因で知らぬ間に小さな傷が付いていることがあります。この場合、熱湯はもちろんエアコンなどによる温度変化でも、傷が大きく広がってしまう危険性があるので、常日頃からフロントガラスの状態をしっかりチェックしておくことも大切です。

思いがけない冷え込みでできた霜には解氷剤

事前の対策が大事だと頭ではわかっていても、時には対策をうっかり忘れてしまったり、思いがけない冷え込みで霜がおりてしまうこともありますよね。そんな時には、「解氷剤」を使うとスピーディーに解かせます。デフロスターだと10〜15分はかかるのに対し、解氷剤ならほんの数分で視界の確保が可能。いざというときに慌てないためにも、冬の時期には1本常備しておくことをオススメします。

少しの対策だけで、もう怖くない真冬の霜。今回ご紹介したポイントに気を付けて、スッキリとした視界で快適な冬のドライブを楽しんでくださいね。

RSSとメールマガジン登録で更新情報をいち早く受け取る

おすすめの記事

人気記事

お知らせ
ページトップへ
TOYO TIRES driven to perform
menu