プレスリリース

印刷する

2018.11.20 発行

(お知らせ)当社従業員による森林保全活動を実施

東洋ゴム工業株式会社は、去る11月17日(土)、国内における主力生産拠点のひとつである桑名工場の従業員による森林保全活動を実施しましたのでお知らせいたします。

img_01(「TOYO TIRES緑のつながり・三重」における森林保全活動や環境教育の様子)

当社は、三重県が進める企業と地域が連携して取り組む森林保全活動「企業の森」づくりの趣旨に賛同するとともに、桑名工場が所在する東員町において、2014年、当社の活動エリアとなる森林一帯(5.27ha)を「TOYO TIRES 緑のつながり・三重」とし、付近の市民が親しみをもって憩える健全な里山づくりに向けて、従業員参加による整備活動*を続けています。
(*整備活動にはNPO法人「森林(もり)の風」の指導ご協力をいただいています。)

5回目を数える本年度は、従業員とその家族、計116名(うち子ども36名)のほか、近隣の地域住民の方々にも初めて参加いただき実施しました。当日は、子どもたちによるイロハモミジの植樹のほか、約2時間かけて雑木林の伐採やゴミ拾いを実施しました。また、参加した子どもたちには環境教育として、椎茸の菌打ちなどを体験してもらいました。

本エリア一帯を縦断する遊歩道を2014年に造成したのち、2015年からこの区間を3エリアに区切って一年ごとに整備に取り組んできました。今回の活動では、全長600メートルの遊歩道全体の整備活動を実施しました。今後は2019年春をめざし、遊歩道として地域に開放できるよう準備を進めていきます。

当社の事業活動は、地域社会からの理解と信頼の上に成り立っているという認識のもと、今後も地域と共生しながら地域社会の発展に寄与できるようにさまざまな活動に取り組んでまいります。

 

以 上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース