プレスリリース

印刷する

2018.03.30 発行

メーカーとしてタイヤの安全点検の重要性を呼びかけ「タイヤ安全啓発活動」を実施

東洋ゴム工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、きたる4月8日(日)および15日(日)の2日間、全国6ヶ所において「タイヤ無料安全点検」を通じた「タイヤ安全啓発活動」を実施いたしますのでお知らせします。

Exif_JPEG_PICTURE(過去のタイヤ点検実施風景)

当社は、ドライバーに対して、タイヤを安全に安心してお使いいただけるよう小まめな点検の重要性について啓発していくことは、自動車用タイヤメーカーの使命であると考えています。

当社および国内におけるトーヨータイヤ販売子会社である株式会社トーヨータイヤジャパンは、一般社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)等が制定した4月8日の「タイヤの日」※1にあわせて、全国6カ所の高速道路サービスエリア(S.A.)、パーキングエリア(P.A.)においてTOYO TIRES独自の「タイヤ安全啓発活動」※2を行ないます。

※1:(社)日本自動車タイヤ協会、全国自動車タイヤ販売協議会連合会、全国タイヤ商工協同組合連合会の3団体共催でタイヤの安全啓発を実施する日です。
※2:当社は、タイヤメーカーの重要な責務として2007年よりさまざまなかたちで「タイヤ安全啓発活動」を実施しています。

イベント実施当日は、全国6ヶ所の高速道路のS.A.やP.A.において、ご希望する方を対象とした「タイヤ無料安全点検」の実施のほか、「タイヤ空気圧点検」の重要性や残溝・傷のチェックなどについてご紹介したパネルや実物タイヤ展示を行ないます。さらに、タイヤを日常管理する際に役立つリーフレット「タイヤを上手にご使用いただくために」と啓発ノベルティ(ポケットティッシュ)をセットにした安全啓発アイテムを配布し、タイヤの日常点検・整備の重要性を訴求いたします。

このほか、全国のトーヨータイヤ営業拠点を通じてドライバーに安全啓発アイテムを配布し、「タイヤ安全点検」の重要性を訴求してまいります。

【TOYO TIRES タイヤ無料安全点検イベント概要】
■開催日時 2018年 4月8日(日)、4月15日(日)の2日間
■実施時間 午前10時~午後3時(予定)
■実施場所
  4月8日(日)実施会場
  東名高速道路 海老名S.A. (下り)
  新東名高速道路  NEOPASA浜松 (上り)
  山陽自動車道 三木S.A. (上り)

  4月15日(日)実施会場
  道央自動車道 輪厚P.A.(下り)
  山陽自動車道 小谷S.A.(上り)
  九州自動車道 広川S.A.(下り)

■内容
  サービスエリアでのタイヤ点検活動
  ①タイヤ点検(外観点検&残溝点検&空気圧点検)
  ②タイヤに関する相談や故障タイヤなどの紹介
  ③安全啓発アイテム配布

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース