プレスリリース

印刷する

2017.10.30 発行

世界最大級の米国展示会「SEMA Show 2017」に TOYO TIRES ブースを出展

東洋ゴム工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)の米国タイヤ販売子会社であるToyo Tire U.S.A. Corp.(社長:Roy Bromfield、以下TTC)は、10月31日(火)から11月3日(金)までの4日間、米国ネバタ州ラスベガスで開催される、世界最大級のアフターパーツマーケットのトレードショー「SEMA Show 2017」(米国自動車用品工業会「SEMA」主催)に出展しますのでお知らせいたします。

img_001(TTCブースで展示するSUV/CUV用タイヤの新商品「PROXES S/T Ⅲ」と装着イメージ)

TTCは、屋外会場2ヶ所において、さまざまなカテゴリーに属する30台以上のカスタムカーに当社製タイヤを装着展示し、TOYO TIRESの世界観を訴求いたします。カスタムカーに装着している当社製タイヤは、高い付加価値と優れたパフォーマンスを有することを、アメリカをはじめとした世界各地から来場する約10万人の自動車用品業界関係者に訴求いたします。

■南ホール前屋外ブース
会場南ホールへ通じるメインエントランス近くに屋外ブースを設置し、TOYO TIRESブランドタイヤを装着した3台のカスタムカー(世界初出展)が来場者を迎えます。うち1台は、米国有名チューナーによってカスタマイズしたSUV(多目的スポーツ車)です。車両は、デザイン性と走行性能の両立を高い次元で実現したスポーティーなSUV/CUV用タイヤの新商品「PROXES S/TⅢ」を装着し、スタイリッシュなSUVに当社製タイヤが最適な選択であることを表現しています。
このほか、ジムカーナ*1、クライムカーナ*2の映像シリーズでも世界的に有名な当社契約レースドライバー、ケン・ブロック氏によるサイン会も予定しています。

■南ホールと中央ホールを結ぶTOYO TIRES TREADPASS
TTCは、会場南ホールと中央ホールを結ぶ巨大通路を、当社製タイヤを装着したカスタムカーで独占的に展示する「TOYO TIRES TREADPASS(トーヨータイヤ トレッドパス)」と命名して設けます。車両に装着展示しているタイヤは、UHP*3タイヤの当社グローバル・フラッグシップブランド「PROXES(プロクセス)」シリーズ、ピックアップトラック/SUV/CUV用ライトトラックタイヤ「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリ-ズから商用トラックタイヤまで、車両にカスタマイズを求める顧客のタイヤニーズを、フルレンジで満たすことができることを訴求しています。このほか、レストア(再生)で復活を遂げた往年の名車を展示するなど、アフターパーツトレードショーに相応しい展示も行なっています。

*1 ジムカーナ:普段使用しているクルマをそのままの状態で使いS字や360度ターンなどのパイロンスラロームがメインとなっているため、絶対速度も低く安全で、さらに舗装路面を走るために車両が傷つきにくいという点で人気のモータースポーツです。
*2 クライムカーナ:ヒルクライム競技で使用される道路をドリフト走行しながら駆け上るモータースポーツ。
*3 UHP:ウルトラ・ハイパフォ-マンス。

img_002(左:2016年のTOYO TIRES TREADPASS、右:展示カスタムカーの一例:2016年)

以 上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース