プレスリリース

印刷する

2017.05.01 発行

ウェットグリップ性能最高グレードの「a」を実現したUHPプレミアムスポーツタイヤ「PROXES Sport(プロクセススポーツ)」を国内で発売

東洋ゴム工業株式会社(社長:清水隆史)は、本年6月1日(木)、UHP*タイヤの当社グローバル・フラッグシップブランド「PROXES」シリーズより、プレミアムスポーツタイヤ「PROXES Sport」(全35サイズ、価格はオープン)を全国で販売開始しますのでお知らせいたします。
*UHP:Ultra High Performance(ウルトラ・ハイパフォーマンス)の略

img_t

 

新製品「PROXES Sport」は、タイヤラベリング制度*におけるウェットグリップ性能において、最高グレードの「a」を満たしたプレミアムスポーツタイヤです。雨に濡れた道路での走行は、路面とタイヤの間に水膜ができるためにタイヤが滑りやすく、乾いた路面と比べて、ブレーキを踏んでから停止するまでの制動距離が長くなります。当社は、従前よりさらに進化させた独自の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」によって実用化した新配合ゴムを開発に用い、転がり抵抗性能と高いレベルでのウェットグリップ性能という相反する性能の両立を実現しました。
*タイヤラべリング制度:グレーディングシステムに基づいて転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の両性能を表示する等級制度

当社は、UHPタイヤの中でも、特にプレミアムスポーツタイヤとして期待される性能を実現するために、コンピューターシミュレ-ション技術を駆使してタイヤの挙動や構造にアプローチし、その最適化を図る商品開発を行ないました。タイヤの路面接地面積にかかる圧力(接地圧)を解析し、その圧力を均一に分散することによって、今回、当社従来品(PROXES T1 Sport)比でウェットブレーキ性能を7%向上(制動距離を短縮)しました。また、ドライ操縦安定性やウェット操縦安定性能、ウェットグリップ性能、乗り心地、摩耗ライフ、転がり抵抗性能など、ワンランク上のスポーツタイヤとして求められる8つの性能をそれぞれ向上し、高い次元でバランスさせています。

当社は、今後もグローバルで存在感ある技術力の具現化に努め、お客様にとって付加価値の高い製品を市場へお届けしてまいります。

以上

(ご参考)「PROXES sport」商品特長

【タイヤラベリング制度における性能比較】
ウェットグリップ性能:全サイズで最高グレ-ドの「a」を達成しました。
(ウェットブレーキ性能比較では、従来品PROXES T1 Sport比7%短縮) img_01

転がり抵抗性能:17サイズで転がり抵抗性能:「A」を実現 *18サイズが「B」 img_02

■コンパウンド
タイヤトレッドのベース部分は、低発熱性ゴムコンパウンド「ハイリジッドベースゴム」を採用
し、操縦安定性(ハンドリング)を向上しています。路面と接するトレッドの表面部分は、ゴムを柔らかく保ち転がり抵抗を小さくする効果のある、シリカを増量した「ハイグリップキャップコンパウンド」を採用しました。これによりタイヤが路面に密着する効果を高め、制動距離を短くすることでウェット性能と転がり抵抗性能を高次元で両立しています。

③’

 

■パターンデザイン
非対称パターンを採用しています。インサイド側は、ドライ路面で最大限にトラクション性能を得るために「トラクションリブ」とし、ブレーキング性能を向上する目的で「リフレクトブロック」新たに採用しています。アウトサイド側は、「高剛性リブ」によってグリップ性能を保持し、路面接地時のブロックの変形を抑制する「ダイナミックテーパー」でUHPタイヤに求められるハンドリング性能を向上しています。

 

■タイヤ構造設計
ハンドリング性能は、「高張力スチールベルト&高剛性補強」、「高剛性ビードフィラーやスーパーハイターンアップ構造&レーヨンプライ構造」などの採用によって実現しました。高い剛性を持つタイヤ構造は、コーナリング性能、ステアリング応答性の向上にも寄与しています。

③

■サイズ一覧

img_s

 

 

■商品ページ
 詳しくは、下記商品ページでご確認いただけます。
 http://toyotires.jp/catalog/pxsp.html

 

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:06-6441-8803 FAX:06-6446-1925
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース