プレスリリース

印刷する

2017.01.11 発行

北米タイヤ事業におけるR&D拠点機能を確立へ

東洋ゴム工業株式会社(社長:清水隆史)は、北米タイヤ事業のさらなる強化を目的として、米国タイヤ製造子会社Toyo Tire North America Manufacturing Inc.(社長:Donald C. Bunn、以下TNA)内に設置しているR&D部門の商品開発機能および人員を充実・強化し、2017年中をめどとして、現地R&D拠点としての機能確立を図りますのでお知らせいたします。

img_1Toyo Tire North America Manufacturing Inc.

当社グループの北米タイヤ製造拠点であるTNA(2005年12月操業開始)は、当社タイヤ技術開発のマザー拠点である「タイヤ技術センター(兵庫県伊丹市)」とTNA内に設置しているR&D部門との連携によって商品開発を行ない、高度に自動化した当社独自の最新タイヤ製造工法「A.T.O.M.(Advanced Tire Operation Module)」を用いることで、市場に高品質なタイヤを供給しています。

今回の機能充実は、商品企画や商品設計など商品化に至る各開発ステージの担当者を新たに置いて、市場ニーズをダイレクトかつきめ細やかに汲み取り、現地での的確かつ迅速な商品開発を図るものです。また、R&D部門の担当者を現在の1.5倍に増員するほか、タイヤの静的・動的特性を測定・評価する設備などを新たに導入し、製品評価と開発への迅速なフィードバックを進めていく予定です。

当社は、2017年中をめどに、これら北米現地R&D拠点としての確立を図り、新車装着用タイヤ、市販用タイヤ双方において、より顧客ニーズに密着したスピーディーな商品開発を実現することで、北米タイヤ事業の経営価値をさらに向上してまいります。

TNAは、昨年末に第4期能力増強が完了し、年産1,150万本(乗用車用タイヤ換算)の供給体制が整い、当社グループでも最大規模のタイヤ製造工場となっています。当社は、北米事業をさらに強化するため、2017年1月より、本社に管理機能として直轄管理・事業推進を行なう「北米事業推進室」を設置し、迅速な判断と適切な事業経営を推進していきます。

以 上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース