プレスリリース

印刷する

2016.09.14 発行

軽自動車用タイヤの新しいジャンルを提案「OPEN COUNTRY R/T」 デビュー

東洋ゴム工業株式会社(社長:清水隆史)は、本年10月1日(土)より、新しいジャンルの軽自動車専用タイヤ「OPEN COUNTRY R/T(オープンカントリー アールティー)」を新たに開発し、全国にて発売いたしますのでお知らせします。
(※価格はオープン価格)
OOPRT_LOGO
■クロスカントリー・ビークルタイプの軽自動車をターゲットに

近年の国内軽自動車市場では、広い車内空間を確保し、居住性の良さを訴求した「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる車両が人気を集め、ショッピングなど日常の街乗りでの快適性が評価されています。また、起伏のある林道などオフロードが楽しめる、アウトドア・イメージを前面に押し出したクロスカントリー・ビークル(SUV/CUV)タイプの軽自動車も相次いで発売され、人気が高まっています。

当社は、アウトドアでのオフロード走行を楽しむ軽自動車ユーザーが増加していることに着目し、これらクロスカントリー・ビークル(SUV/CUV)タイプの軽自動車専用タイヤの提案型新商品として「OPEN COUNTRY R/T」を新たに開発し、このたび、10月より上市します。

前提となる軽自動車の車両特長を踏まえた “遊び心”ある専用タイヤ「OPEN COUNTRY R/T」は、オフロードにおけるトラクション性能と、オンロード走行に求められる耐摩耗性能や走行安定性を高い次元で両立させています。
 
■オンとオフを兼ねる新ジャンル
当社は、泥濘地や雪道などオフロードでの走破性を重視するユーザーには、地面にパワーを伝える能力(トラクション性能)に優れた「Mud Terrain(M/T:マッド・テレイン、泥濘地用)タイプ」のタイヤを、また、オンロード中心でありながらオフロードとのバランスも重視するユーザーには、「All Terrain(A/T:オール・テレイン、全天候型)タイプ」のタイヤを提案しています。
一方、今回のR/TはRugged Terrainの略で「でこぼこのある」、「ごつごつした」、「起伏のある」地形や路面に対する特化性能を持つことを意味しており、新商品は、Mud TerrainタイプとAll Terrainタイプとの中間を充足する全く新しいジャンルのタイヤといえます。
タイヤのショルダー(両端)部は、アグレッシブなパターンデザインによってオフロード性能を確保し、トレッドのセンター部にはオンロード走行を考慮したパターンデザインを採用し、それぞれの特性を発揮する「ハイブリッドデザイン」が特長となっています。

■オフロードを楽しむ軽ドライバーに
当社は、これまで、オフロードを楽しむユーザーの皆様向けに四駆専用タイヤを提供し、軽自動車ユーザーにもご利用いただけるサイズ(15、16インチ)を一部ラインナップしていましたが、新商品は、クロスカントリー・ビークル(SUV/CUV)タイプの軽自動車ユーザー様専用として提案していく商品となります。
軽自動車の小型の躯体でも存在感ある独特の商品デザインは、アウトドア派のアクティブなカーユーザーの趣向をも満たすものです。

■OPEN COUNTRYを国内にも導入
当社は独自の技術をベースにしたSUV/CUV用タイヤカテゴリーの展開で存在感を有しています。特に、北米市場における大型SUV/ピックアップトラック向けタイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズは、TOYO TIRESの代名詞として、その商品性能とデザイン性が高い評価を得ています。
業界に先駆け*、新しいジャンルとして開拓する「OPEN COUNTRY R/T」を皮切りとして、国内市場においても「OPEN COUNTRY」シリーズを今後、市場導入していく予定です。                         *当社調べ

当社は、今後も当社独自の専用タイヤ発想に基づいた商品開発を行い、お客さまにとってさらに付加価値の高い製品を市場へお届けしてまいります。

img_03(2016年の東京オートサロンに当社が独自に架装して出展した車両)

 

 

以 上

(ご参考)
「OPEN COUNTRY R/T」の特長について

img_01

img_02
タイヤサイズ(軽自動車専用)  165/60 R15 77Q 、185/85 R16 105/103 L LT

「OPEN COUNTRY R/T」の詳しい商品情報はこちら(http://toyotires.jp/catalog/oprt.html)をご覧ください。

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:06-6441-8803 FAX:06-6446-1925
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース