プレスリリース

印刷する

2016.04.14 発行

「TRANPATH」シリーズの新カテゴリー商品発売開始ミドルクラスミニバン専用の新しいトランパス

東洋ゴム工業株式会社(社長:清水隆史)は、ミニバン専用タイヤとして展開している「TRANPATH(トランパス)」シリーズの新商品として、ミニバンタイヤに求められるしっかりした走行安定性と耐摩耗性能、そして低燃費性能をあわせ持つ「TRANPATH ML(トランパス エムエル)」を本年6月1日より全国で発売しますのでお知らせいたします。
(サイズは17サイズ、いずれもオープン価格)
image_01

1995年、当社は他社に先駆け、ミニバン専用タイヤである「TRANPATH(トランパス)」シリーズを日本国内市場に発売しました。以来、車両トレンドやドライバーの充足変化を捉え、詳細な市場分析を続けながら、ラグジュアリーミニバン用、軽自動車用などの新カテゴリーも創出してきました。近年のミニバン市場においては、力強い外装と高級感ある内装を持つミドルクラスミニバンの上級グレードが多くの支持を集めていることに着目し、今回、当社はこのセグメントを一つの新カテゴリーとして捉えました。

このたび発売する「TRANPATH ML」は、ミドルクラスミニバンをターゲットとしたTRANPATHシリーズの新商品です。同シリーズの22年間にわたる技術蓄積を踏襲進化させ、ミドルクラスミニバンに相応しいパターンデザインとタイヤ性能を備えています。(ML:英語のMiddleから)

「TRANPATH ML」に使用されるゴム材料開発には、当社独自の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノ バランス テクノロジー)」を駆使しています。ナノレベルで素材設計と加工の最適化を行ない、ロングライフを実現する耐摩耗性能は確保しながら、国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能「AA」グレード、ウェットグリップ性能「b」グレードを獲得しています。

トレッドデザインは、力強い外装を持つミドルクラスミニバンにマッチする、鋭角的でシャープなデザインとし、タイヤの一部だけが摩耗する、偏摩耗の抑制に寄与する非対称パターンデザインを採用しています。重心が高く車重のあるミニバンを支えるしっかり感を追求するため、パターン設計と構造設計の最適化で横方向への剛性を確保し、国内タイヤラベリング制度では上記グレードを獲得しながらも、フラつきを軽減させた安定感ある走行を実現しました。

当社はミニバン専用タイヤのパイオニアとして、今後もお客さまにとってさらに付加価値の高い製品を市場へお届けしてまいります。

以上

(ご参考)
【「TRANPATH ML」商品説明】

■Nano Balance Technology
ナノレベルの「分析・解析・素材設計・加工」4つの体系を統合し技術開発を行うことにより、到達すべき水準に向けた最適化を図る、独自の材料設計技術です。
image_02

■トレッドキャップ配合採用技術
Nano Balance Technologyを駆使し、ウエット性能を確保しながら転がり抵抗を軽減する2種類のアクティブポリマーを、摩耗性能を維持するために耐摩耗ポリマーを採用。
image_03

■トレッドベース配合採用技術
Nano Balance Technologyを駆使し、転がり抵抗を軽減する超低燃費ポリマーを採用。
image_04

■性能評価(転がり抵抗)
image_05

■パターン設計採用技術
ワイドトレッドプロファイルにOUT側高剛性リブと低溝容積化により、優れた耐摩耗性能とフラつき低減を実現します。
image_06

■構造設計採用技術
スーパーハイターンアップ構造により横方向への剛性が確保され、フラつき低減を実現します。
image_07

■サイズ一覧
image_08※ XL:エクストラロード規格

「TRANPATH ML」についての詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
http://toyotires.jp/catalog/taml.html

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース