プレスリリース

印刷する

2015.12.09 発行

ウェット性能にさらなる磨きをかけた新スタンダード低燃費タイヤ「NANOENERGY 3 PLUS」を発売

東洋ゴム工業株式会社(社長:清水隆史)は、低燃費タイヤのフラッグシップブランドである、「NANOENERGY(ナノエナジー)」の新商品として、「NANOENERGY 3 PLUS(ナノエナジー・スリープラス)」を新たに開発し、日本国内で2016年1月14日より順次発売しますのでお知らせいたします。                (発売サイズ:全41サイズ、オープン価格)

151209_1

当社は、2012年12月、低燃費性能と耐摩耗性能を両立させたスタンダード低燃費タイヤとして、NANOENERGY 3を国内市場で販売開始しました。その後、日本同様にタイヤラベリング制度が導入されている欧州をはじめ、東南アジア、豪州など、グローバルに展開先を拡大させています。また2014年からは当社マレーシア工場でも供給を開始し、日本国内で評価されている性能・品質は、各市場においても高い評価を得ています。

このたび発売する「NANOENERGY 3 PLUS」は、現行のNANOENERGY 3をスペックアップした、新スタンダード低燃費タイヤです。当社の新材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」を駆使し、国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能「A」グレードとロングライフを実現した耐摩耗性能は高い次元で確保しつつ、同制度におけるウェットグリップ性能を、現行NANOENERGY 3の「c」から「b」にグレードアップしました。

新配合のトレッドコンパウンドの採用により、ウェット制動距離を現行NANOENERGY 3に比べ13%短縮し、濡れた路面でのブレーキング時における、さらなる安全性と安心感を実現しています。

当社は独自の低燃費技術を用い、今後もお客さまにとってさらに付加価値の高い製品を市場へお届けしてまいります。
                                   
【「NANOENERGY 3 PLUS」商品説明】

■トレッドコンパウンド採用技術
ウルトラグリップポリマーを採用した新コンパウンドにより、ウェットグリップ性能がさらに向上。また、耐摩耗ポリマーとスーパーアクティブポリマーの採用により、優れた摩耗ライフと転がり抵抗の低減を両立。

151209_2

 

■パターン設計採用技術
ワイドトレッドプロファイルと高剛性リブパターンにより、優れた摩耗ライフと転がり抵抗の低減を両立。さらにドライハンドリング性能も向上。

151209_3

 

■構造設計採用技術
高硬度プライトッピングと高硬度ハイビードフィラーの採用により、操縦安定性が向上。

151209_4

 

■性能評価結果(ウェット制動距離比較・INDEX)
ウルトラグリップポリマーを採用した新トレッドコンパウンドにより、ウェット制動距離をNANOENERGY 3(従来品)比13%短縮。
151209_5

 

■発売日 2016年1月14日

 

■タイヤサイズ(全41サイズ)

151209_6
 

 

「NANOENERGY 3 PLUS」についての詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
http://toyotires.jp/catalog/ne3plus.html

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:06-6441-8803 FAX:06-6446-1925
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース