プレスリリース

印刷する

2014.12.09 発行

当社グループの福島ゴムがOSHMS認定を取得

東洋ゴム工業株式会社(社長:山本卓司)は、製造子会社である福島ゴム株式会社*1がJISHA*2方式適格OSHMS*3(労働安全衛生マネジメントシステム)認定審査に合格し、このたび、同認証を認定取得いたしましたのでおしらせします。

*1 本社:福島県福島市、社長:渡部雅人。自動車タイヤ関連部品、ゴム製品を製造している。
*2 中央労働災害防止協会 
*3 Occupational Safety and Health Management System(*1 中央労働災害防止協会)

141209_img01

【写真左】左から 関澤秀哲 様(中央労働災害防止協会理事長)、渡部雅人(福島ゴム社長)、菅野雅浩(福島ゴム安全・環境グループ長)
    【写真右】JISHA方式適格OSHMS認定証

OSHMSは、職場の安全衛生水準の向上を目的に、事業者が従業員の協力のもとPDCAサイクルを定め、継続的かつ自主的に労働災害の防止と労働者の健康増進を図る労働安全衛生マネジメントシステムです。同システムの導入により労働安全衛生管理が可視化され、業務や組織が複雑化した場合でも手順や記録が整備されることで、さまざまな知識・ノウハウ・情報が職場組織で継承されるというメリットがあります。

福島ゴムは、2013年度よりOSHMS認定取得活動を始め、事業所トップが率先し従業員と一体となった安全・衛生・防災活動を展開しています。職場の安全については、重大災害発生防止の仕組みづくりを推進し、衛生面では病欠者の減少を図り、防災については災害に強い職場づくり取り組みなど、従業員への被害を最小限にとどめ、その安否を確認することを最優先に、対策と実践に近い訓練に力を入れて取り組んでいます。

当社は、大規模な事業所がOSHMS認証取得を、小規模な事業所では「グッド・セーフティ・カンパニー」登録を安全衛生管理の達成目標として掲げています。各事業所では、2015年末までの達成を目指し、安全の自主管理レベルの向上を図っています。当社仙台工場は、2013年度にOSHMS認証を取得済みとなっており、今回の福島ゴムのOSHMS認証取得は2工場目となります。

当社は、今回の福島ゴムの認証取得を機に、いっそう安全衛生管理を徹底強化してまいります。

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース