プレスリリース

印刷する

2014.09.10 発行

PROXESブランドに新たな低燃費タイヤをラインアップ「PROXES C1S SPEC-a」を発売

東洋ゴム工業株式会社(社長:信木明)は、ウルトラ・ハイパフォーマンス(UHP)タイヤの当社グローバル・フラッグシップブランド「PROXES」シリーズに、国内タイヤラベリング制度における、転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「a」を満たした、シリーズ初めての全サイズ低燃費タイヤとなる「PROXES C1S SPEC-a(プロクセス・シーワンエス スペック エー)」を新たに追加し、9月12日より、全国一斉発売しますのでお知らせいたします。

(発売サイズ:全8サイズ、オープン価格)

140910_img01

2009年に発売されたPROXES C1Sは、PROXESシリーズの中でも高い静粛性と上質な乗り心地性能、高速走行時の優れた安定性を実現するプレミアム・コンフォートタイヤとして高い評価を得ています。(タイヤラベリング制度におけるグレード:「B-c」および「C-c」)

今回発売する「PROXES C1S SPEC-a」は、当社の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」を駆使し、最高のウェットグリップグレード「a」を達成しています。PROXES C1Sが持つ快適性は維持しつつ、濡れた路面でのブレーキング時における安心感と転がり抵抗性能グレード「A」の低燃費性能の両立を実現しました。新配合のトレッドコンパウンドと「スーパーハイターンアップ構造」「スリムボディ」の構造技術採用により、転がり抵抗を従来のPROXES C1Sに比べ15%低減、また、ウェット制動距離を同じく12%短縮しています。

当社は独自の低燃費技術を用い、今後もお客さまにとってさらに付加価値の高い製品を市場へお届けしてまいります。

「PROXES C1S SPEC-a」商品説明
■トレッドコンパウンド採用技術
高いウェットグリップ性能を発揮するスーパーグリップポリマーを採用。
さらに「スーパーアクティブポリマー」と「ハイレスポンスポリマー」によって、転がり抵抗の低減と耐摩耗性のバランスを高次元で実現。

140910_img02

■構造設計採用技術
スーパーハイターンアップ構造とスリムボディを採用。運動性能と転がり抵抗低減の両立を実現。

140910_img03

■性能評価結果(ウェット制動性能比較)
高いウェットグリップ性能を発揮するスーパーグリップポリマーの採用により、ウェット制動距離をPROXES C1S比12%短縮。

140910_img04

■性能評価結果(転がり抵抗性能比較)
トレッドコンパウンドの「スーパーアクティブポリマー」とタイヤ構造での「スーパーハイターンアップ構造」と「スリムボディ」の採用により、転がり抵抗をPROXES C1S比15%低減。

140910_img05

■発売日 2014年9月12日

■タイヤサイズ(全8サイズ)

140910_img06

「PROXES C1S SPEC-a」についての詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
http://toyotires.jp/catalog/pxc1sspeca.html

「PROXES C1S」についての詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
http://toyotires.jp/catalog/pxc1s.html

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース