プレスリリース

印刷する

2014.06.19 発行

鉄道車両部品事業のグローバル展開を推進中国合弁鉄道車両用部品工場が開所式を挙行

東洋ゴム工業株式会社(社長:信木明)は、6 月18 日(水)、中国において鉄道車両用部品の製造販売を行う合弁会社「無錫東洋美峰橡胶制品制造有限公司(江蘇省無錫市、以下TMW)」の生産拠点開所式を挙行しましたのでお知らせいたします。

20140619

当社は、鉄道車両に求められる快適性と安全性を実現する鉄道車両用防振ゴム装置(空気ばね・防振ゴム)の開発・製造を行い、50 年以上にわたって日本国内を中心に供給しています。
TMW は、当社が日本国内で技術力・信頼性を評価・支持されてきた鉄道車両用部品を海外市場で展開するために、中国において鉄道車両用部品の技術力と商品販売力を有する無錫市美峰橡胶制品制造有限公司(以下、美峰ゴム)をビジネスパートナーに迎え、設立した合弁会社です。

式典には、来賓として地元行政当局の要人をはじめ、国内外主要取引先様を迎え、TMW 董事長・新庄治宏(当社取締役執行役員ダイバ-テック事業本部長)ほか、TMW 従業員、美峰ゴム関係者など、合計約70 名が出席して同工場の開所を祝いました。

開所にあたり、TMW 董事長の新庄は「東洋ゴムと美峰ゴム、両者の技術力、ブランド力、販売力の融合により構築していく新たなビジネスモデルであり、両者のさらなる発展と事業拡大に資するものです。中国の豊かな生活・社会を支える鉄道インフラに、なくてはならない存在価値を発揮していきたい」と挨拶しました。また、当社執行役員経営企画本部長の市原貞男は「両者がともに手を取り、技術を磨き、高い性能・品質を約束した製品をお届けすることで中国の鉄道を支え、中国社会に寄与するという価値ある存在感を発揮することを期待する」と当社代表取締役社長・信木明のメッセージを伝えました。

当社は、中計’14 で、鉄道車両部品事業における海外事業基盤の強化を図り、2016 年時点の海外生産比率を35%に引き上げる計画で、TMW の本格稼働をグローバル展開の足がかりとして事業成長を加速してまいります。

【TMW 概要】

商号 : 無錫東洋美峰橡胶制品制造有限公司

設立 : 2011年10月

所在地 : 中華人民共和国江蘇省無錫市

資本金 : 500万USドル

出資比率 : 東洋ゴム工業株式会社 51%、無錫市美峰橡胶制品制造有限公司 49%

董事長 : 新庄治宏

売上計画 : 約1.0 億人民元 (2016 年度)

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース