プレスリリース

印刷する

2014.01.29 発行

自動車部品のグローバル事業戦略を加速メキシコで自動車用防振ゴムを販売開始

東洋ゴム工業株式会社(社長:信木明)は、ダイバーテック事業セグメントにおいて、自動車部品事業のグローバル成長・拡大を目的とし、2013年10月にメキシコで自動車用防振ゴムの販売会社、「TOYO AUTOMOTIVE PARTS DE MEXICO, S.A. DE C.V.(社長:崎富博 以下、TAM)」を設立、2014年1月から事業を開始しますのでお知らせいたします。

自動車用防振ゴムは、当社自動車部品事業の中核商品であり、現在国内3 拠点のほか、北米をはじめ海外4ヶ国に生産拠点を配し、自動車メーカーのニーズに対応しています。また販売拠点として、東南アジアにおける事業を拡大するため、タイに「TOYO RUBBER CHEMICAL PRODUCTS (THAILAND) LIMITED」を設立し、2012年11月から販売を開始しています。

メキシコは北米・南米市場に対する地理的優位性や比較的優良かつ安定した労働力、さらには1994年に米国、カナダ、メキシコの3ヶ国で結ばれたNAFTA(北米自由貿易協定)をはじめとする、世界各国との自由貿易協定(FTA)ネットワークを有しており、日本の自動車メーカーも多数進出しています。
今回のTAM設立は、世界における自動車の生産・輸出拠点としての存在感が今後も高まっていくと見込まれるメキシコにおいて、最適供給体制を構築することにより、グローバルマーケットにおける自動車用防振ゴムの販売を強化するものです。

当社は、ダイバーテック事業の戦略のひとつとして、自動車部品事業の拡大を中期経営計画(中計’11)にて掲げています。成長市場に対する戦略的な事業拡大を図り、ダイバーテック事業セグメントにおけるさらなる収益性の向上をめざしていきます。

【TAM 概要】
会社名 :TOYO AUTOMOTIVE PARTS DE MEXICO, S.A. DE C.V.
所在地 :メキシコ グァナファト州イラパト市
設立年月:2013年10月
代表者 :崎富博
事業内容:自動車用防振ゴムの販売(2014年1月開始)
資本金 :375万ペソ(邦貨約3,000万円)(為替レートは1ペソ8円で計算しています)
     ※東洋ゴムグループ 100%出資
売上計画:約10億円 ※2016年度時点

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース