プレスリリース

印刷する

2012.12.21 発行

「TOKYO AUTO SALON 2013 with NAPAC」に出展

東洋ゴム工業株式会社(社長:中倉健二)の国内販売子会社である株式会社トーヨータイヤジャパン(社長:山﨑豊隆)およびニットージャパン株式会社(社長:田中剛)は、2013年1月11日(金)から13日(日)までの3日間、幕張メッセ国際展示場ホール(千葉県幕張市)で開催される、「TOKYO AUTO SALON 2013 with NAPAC」にそれぞれTOYO TIRESとNITTOのブースを出展しますのでお知らせします。

「TOKYO AUTO SALON 2013 with NAPAC」は、自動車メーカーやパ-ツメーカーなどが出展する国内最大級のカスタムカーショーです。31回目の開催となる今回は、前回(2012年1月)より展示スペースを1.3倍に拡大し開催されます。

TOYO TIRESブースでは、PROXES次世代コンセプトタイヤを装着したSCION FR-S(TOYOTA 86の北米仕様車)やPROXES T1 Sport SUVを装着したレンジローバー・イヴォークなど、最新のドレスアップカーを展示。また、TRANPATH次世代コンセプトタイヤも展示し、ミニバンユーザーに対してもTRANPATHブランドの訴求や新商品への期待感を高めます。このほか、ブース来場者に対して、実際に車両が走行する感覚をイメージできるよう音楽・映像・光を駆使した「疾走感」漂うスタイリッシュでハイパフォーマンスなTOYO TIRESの持つ世界観を訴求します。

NITTOブースでは、11月に新発売したコンフォートタイヤNT830のプロモーションビデオの上映や走行中の音をヘッドフォンで聴き、その静粛性の高さを体感いただけるコーナーを設けます。車両はNT830を装着したBMW 5シリーズとフラッグシップタイヤINVOを装着したポルシェ・カイエンを展示し、NITTOのクールなイメージを演出します。
このほかブース内や展示車両横にはAR*(拡張現実)マーカーを設置し、来場者はスマートフォンから装着タイヤの画像や映像をご覧いただくことができます。

*AR(Augmented Reality; 拡張現実)
スマートフォンへアプリケーションをインストール後、ARマーカーにかざすとコンテンツが表示され、拡張現実の世界を体験し写真も撮ることが可能なアプリケーション。

【開催概要】

名称: TOKYO AUTO SALON 2013 with NAPAC
会期: 2013年1月11日(金)~1月13日(日)
会場: 幕張メッセ国際展示場ホール(1-8・9-11ホール)
  (日本コンベンションセンター/千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
ブース: TOYO TIRES/ホール1-121、NITTO/ホール6-609

詳細につきましてはTOKYO AUTO SALON 2013 with NAPAC公式webサイトをご覧ください。
http://www.tokyoautosalon.jp/

TOYO TIRESブースイメージ
(TOYO TIRESブースイメージ)

NITTOブースイメージ
(NITTOブースイメージ)

以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:06-6441-8803 FAX:06-6446-1925
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース