プレスリリース

印刷する

2010.11.24 発行

「2009 Honorable Mention Award」を受賞

東洋ゴム工業株式会社(社長:中倉健二)は、2010年9月20日に行われたThe Tire Society (タイヤ ソサエティー)(本部:アメリカ合衆国オハイオ州アクロン)年次総会において、「2009 Honorable Mention Award」(2009年度 優秀賞)を受賞しましたのでお知らせします。

「2009 Superior Paper Award(最優秀賞)及びHonorable Mention Award」は、2009年9月15日〜16日に行なわれた「第28回タイヤ サイエンス アンド テクノロジー年次総会」で発表された論文の中から選考され、2010年の総会で表彰されたものです。

当社はこの第28回年次総会で“粗視化分子動力学法を用いた架橋ゴムの動的粘弾性解析”に関する論文を発表し、この度の受賞となりました。

今後、本研究により得られた技術や知見を、低燃費性と安全性(ウェット路面での制動性能)を高次元で両立させるための、ナノレベル,分子レベルからの材料設計に活用していきます。

なお当社の受賞は、1989年にSuperior Paper Award(最優秀賞)、Honorable Mention Award(優秀賞)を受賞したのに続き3回目となります。

【2009 Honorable Mention Award 受賞概要】

・論文テーマ  「Investigation of the Microscopic Viscoelastic Property for Crosslinked Polymer Network by Molecular Dynamics Simulation」

(粗視化分子動力学法を用いた架橋ゴムの動的粘弾性解析)
・受賞者 枡本 雄貴 (ますもと ゆうき)(東洋ゴム工業株式会社 タイヤ材料部)
・論文の概要 タイヤは、走行時や制動時に変形し、エネルギーロスを発生します。

本研究では、ゴム材料が変形によりエネルギーロスを発生するメカニズムを、分子レベルでのコンピュータシミュレーションを行い、変形によるゴム分子の運動とエネルギーロスとの関係を明らかにしました。

この検討では、分子の運動を効率良く解析する為に、粗視化分子動力学を活用し、”ビーズスプリングモデル”を使用しています。


(参考資料)The Tire Society (タイヤ ソサエティー)

世界各国のタイヤメーカーやタイヤ関連企業、大学などが参加・運営している非営利団体。

毎年9月にアメリカ合衆国オハイオ州アクロンにおいて、2日間にわたりタイヤに特化した学術研究会を開催している。来年9月の開催で30回目を迎えます。

2010年の第29回年次総会にはのべ約400名の研究者が参加した。毎年の学会では20〜30のタイヤ技術に関する論文が発表される。

枡本 雄貴 当社タイヤ材料部 所属

(枡本 雄貴 当社タイヤ材料部 所属)


以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース