プレスリリース

印刷する

2003.10.14 発行

冬期タイヤテストコースを1日開放

東洋ゴム工業株式会社(社長:片岡善雄)は、10月5日北海道佐呂間町で開催された「サロマ大収穫祭」の会場として、当社冬期タイヤテストコースを1日開放するとともにこのイベントに協賛しました。

サロマ大収穫祭は、佐呂間町物産振興会が主催し、海の幸・山の幸に感謝する催しで今年で9回目となります。会場には地元特産市や特設ステージが設置され、佐呂間町をはじめ札幌や旭川方面からの来場もあり、今年は晴天にも恵まれ来場者数は約1万人を超える賑わいとなりました。

同タイヤテストコースは、北海道常呂郡佐呂間町に位置し冬用タイヤの試験場として平成5年より開設していますが、網走・北見管内各市町村住民の安全意識向上をめざして冬期安全講習会の開催やタイヤテスト見学会なども実施しており、積極的な地域との共生をめざしています。


以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース