プレスリリース

印刷する

2001.07.31 発行

タイヤ小売店へのネットソリューション営業を展開

東洋ゴム工業株式会社(社長:片山松造)は、タイヤ小売店とそのお客様との信頼関係作りおよび販売促進を支援するため、「TOYO EMS( E-mail Marketing Support )プログラム」を開発し、タイヤ小売店へのネットソリューション営業を10月より本格展開します。

このプログラムは、従来型のタイヤ販売促進支援にとどまらず、小売店の本業に対するソリューション営業を行なうことにより、パートナーシップの強化とTOYO TIRE ブランドの浸透、マーケティング力強化を狙いとしたもので、Eメールマーケティングの総合支援企業 株式会社カレンとの業務提携により実現の運びとなりました。第一ステップとして大手ガソリンスタンド、カーディーラーを対象に募集を開始します。

効果的なEメールの活用ノウハウや配信結果(クリック反応率等)に基づく各種マーケティング情報をフィードバックするとともに、EMS参加企業の成功事例等を共有ナレッジとすることで成功確立を高められることが特徴であり、CRM ( Customer Relationship Management )の実現をサポートします。

プログラムのシステム概念図は添付資料のとおりですが、小売店の費用負担は、一法人あたり初期設定費用5万円と月額配信費用1万円となっています。


以上

【本件に関するお問合せ先】
東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュース