サッカーを通して地域を元気にするベガルタ仙台CSRパートナー

スポーツを通じて地域を元気にする。いま各種のスポーツ団体が地域に密着した精力的なCSR活動を行なっています。
Jリーグでは数少ない地方自治体が筆頭株主の市民クラブである「ベガルタ仙台」もそのひとつ。Jリーグがビジョンとして掲げている「地域密着」「青少年の健全育成」を念頭に様々な活動を展開しています。
東洋ゴム工業では宮城県全域を活動区域としているこのベガルタ仙台のCSR活動の趣旨・目的に賛同し、「CSRパートナー」契約を締結。地域貢献活動、震災復興活動をサポートしています。

ベガルタ仙台では初の
「CSRパートナー」として認定

現在ベガルタ仙台が展開するCSR活動には、①スポーツ振興 ②地域貢献 ③社会貢献 ④相互交流 ⑤復興支援の5つの柱があります。様々な企業・団体が個々の活動に賛同しサポートを行なっていますが、これらすべてのプログラムを網羅的にサポートする企業・団体はありませんでした。
そんな中、東洋ゴム工業は5つのプログラムをサポートする企業として、チーム初のCSRパートナーに認定されました。幅広く多角的にベガルタ仙台のCSR活動をサポートしていきます。

チーム初のCSRパートナー
・活動の5つの柱

1.スポーツ振興

・TOYO TIRES サッカーキャラバン 宮城県内のスポ−ツ少年団や地域団体を対象に、ベガルタ仙台のプロコーチが訪問して指導する活動。公募した団体の中から抽選し、年10回程度開催します。

・「ベガルタカップ」サッカー大会への協賛 宮城県内の少年サッカーチームとJリーグのトップチームが対戦するサッカー大会を協賛し支援する活動。予選参加の100チームから勝ち上がった強豪8チームが、ベガルタ仙台をはじめとしたトップチームにチャレンジします。

2.地域貢献

・こころもからだも元気プロジェクト ベガルタ仙台のコーチやチアリーダーが県内の仮設住宅集合所や地域コミュニティーセンターを訪問し、高齢者の健康維持のため、健康体操や栄養講習会を実施します。

3.社会貢献

・バリアフリーサッカー「ベガルタカップ」 東北地方で唯一開催されている障がい者サッカー大会をサポートします。東北エリアから参加者を募り、サッカーを通じて自立サポートや障がい者スポーツの普及・発展を応援します。

4.相互交流

・岩沼市や地域のイベントへの参加 当社仙台工場が所在する宮城県岩沼市などの地域イベントにベガルタ仙台の選手らを招待し、相互交流を図ります。

5.復興支援

・宮城・東北ドリームプロジェクト 宮城県・岩手県・福島県の児童福祉施設や養護支援施設、こども病院などで生活し、プロサッカーを観戦する機会に恵まれない小学生やその家族をベガルタ仙台のホームゲームに招待します。

▲ページTop

Homeへ