どんなセグメントがあるの?

「ゴム」から多彩な価値を生み出す会社

東洋ゴム工業は、タイヤなどのゴム製品を扱うモノづくりの会社です。TOYO TIRESやNITTOといった、乗用車用タイヤブランドがよく知られている代表的な製品です。このほか、ゴムを用いた自動車の部品やウレタン技術を用いたシートクッションなど、広く自動車産業を支える事業を展開しています。

あまり皆さんの目に触れないところでも、東洋ゴム工業の製品が活躍しています。例えば、ゴムを活用した鉄道車両のサスペンション。このほかにも、ウレタンフォームなどに代表される産業向けの各種化学工業製品なども扱っています。

現在は、「タイヤ事業」が売上げの79.8%を占め、残りの20.1%は付加価値の高いノンタイヤカテゴリに属する事業群で、「ダイバーテック事業」と名づけて展開しています。

東洋ゴム工業は、ゴム産業界の一角に位置し、社会に多彩な価値を生み出しているエキスパートなのです。

売上高構成比(2015年12月期)

IR情報