CSR方針

CSR方針のもと、CSR経営の強化に取り組んでいきます

東洋ゴムグループは、2014年5月にCSR方針(基本方針と重点テーマ)を策定し、「2020年のあるべき姿」を念頭に、ステークホルダーの皆さまとの協働を強化・充実させ、企業と社会の共通価値の創造をめざすCSR経営に取り組んでいます。

基本方針

(2014年5月策定)
当社グループのCSRの基本方針では、「一人ひとりが社会との『つながり』=接点であり、 CSRを実践する主体である」という考えに立ち、CSRの原点は「責任」「信頼」「誠実」とする価値観を明文化したものです。

「責任」「信頼」「誠実」

東洋ゴムグループは、一人ひとりが社会との「つながり」を意識して行動し、人と社会に求められる企業であり続けます。

CSRの原点:「責任」「信頼」「誠実」
「責任」…グローバル化による影響力拡大に伴う責任への対応
「信頼」…事業活動を通じた環境・社会課題への対応
「誠実」…CSRの基盤としての誠実な事業活動

重点テーマ

(2014年5月策定)
基本方針にもとづいてCSR活動を推進するにあたり、当社グループとステークホルダーにとっての重要性を軸に、7つの重点テーマを設定し、それぞれの達成イメージとして「2020年のあるべき姿」を明確にしています。これらはグループ理念に掲げた「私たちのありたい姿(めざす企業像)」を具現化するステップでもあり、その先の「私たちの使命(ミッション)」に掲げた「お客さまの期待や満足を超える感動や驚きを生み出し、豊かな社会づくり」への貢献を果たすものです。

また、当社は2017年3月に2020年の先を見据えた新中期経営計画「中計’17」を策定しましたが、計画の基盤としてCSR経営を推進していきます。

重点テーマとステークホルダーの関係

重点テーマ 2020年のあるべき姿 ステークホルダーとの関係
1.製品・サービスの信頼と革新 高い品質と安全性をベースに、環境にやさしい製品・サービスを提供している
2.地球環境への貢献 グループ全体で環境経営を推進している
3.人権と多様性の尊重 国際的な人権意識のもと、多様な人材が活躍している
4.取引先との協働 サプライチェーン全体でCSRに取り組んでいる
5.地域社会との共生 ステークホルダーの声に耳を傾けながら、地域社会の発展に貢献している
6.安全で健康的な職場づくり 安全を最優先に、安心して働ける職場づくりに取り組んでいる
7.ガバナンス・コンプライアンスの強化 常に経営の透明性向上を図りながら、誠実な事業活動を実践している CSR経営の基盤としてすべてのステークホルダーに配慮しながら取り組んでいます。

ステークホルダーの種類

重点テーマの特定プロセス

多岐にわたるCSR活動のなかで重点的に取り組むべき課題を、当社グループとステークホルダーにとっての重要性(マテリアリティ)を軸に、以下のプロセスで特定し、それらを2014年5月に7つの重点テーマに集約しました。

重点テーマの特定プロセスのフロー図

社外有識者へのヒアリング結果(2014年4月)

大和総研・河口真理子主席研究員 川口真理子氏

タイヤ・ゴム業界の課題は、資源の制約(天然ゴムの調達)、自動車の変化(電気自動車の普及など)、人権の問題(ゴム農園の児童労働など)と認識しています。特に主要な原料である天然ゴムにおいては、ゴム農園開発に伴う生態系破壊や、児童労働・強制労働などの問題を引き起こすことが懸念されています。これらの問題に対しては、環境~調達~人権のつながりの中で、事業の持続可能性を図る視点で取り組む必要があると考えます。企業としてこれらの課題をどのように認識し、対処していくのかをステークホルダーに示すことが重要です。検討段階であっても可能な範囲で情報を開示していただけることを期待しています。

サステナビリティ日本フォーラム代表理事 後藤敏彦氏

昨今、情報開示の流れが大きく変化しており、人権や腐敗防止まで含めた非財務及び多様性に関する長期的視点が重視されています。たとえばCO2排出量の削減や取締役会の多様性確保、女性の活用促進など、長期的視点にたって取り組む必要がある課題について、会社としての方針を明確化することが重要です。またサプライチェーンにおけるリスクに対しては、地元のNGOなどステークホルダーと誠実に対話することで回避することが望ましいと考えます。環境・資源・社会の長期的な制約を念頭に、企業のあるべき姿を検討していただきたいと思います。

責任者(管理本部長)からのメッセージ

「中計’17」のもと、CSRの取り組みを着実に進めていきます。

東洋ゴム工業株式会社 コーポレート統括部門管理本部 本部長 宮部 浩和コーポレート統括部門
管理本部 本部長
宮部 浩和

東洋ゴムグループは、2017年を起点とする4カ年の中期経営計画「中計’17」を策定しました。2020年のゴール、さらにはその先を見据えて持続的成長を実現するため、製造業としての社会的責任を見つめ直し、「コンプライアンス」「品質」「安全・環境」という経営の前提条件である基盤機能を強化します。また、成長の源泉となる働く基盤、すなわち多様な人材が活躍できる組織風土と仕組みの変革・充実を図ります。具体的な取り組みは、当社グループの7つのCSR重点テーマに沿ってアクションプランとして明確にし、各テーマに設定した「2020年のあるべき姿」に向けて着実に進めていきます。

CSRの取り組み