CSR方針

CSR方針のもと、CSR経営の強化に取り組んでいきます

東洋ゴムグループは、2011年に策定した経営ビジョン「ビジョン’20」において、「2020年にありたい姿」の一つとして「CSRを一人ひとりが実践する社会から信頼される企業」を掲げています。

「ビジョン’20」の実現に向けて、2014年5月に策定したCSR方針(基本方針と重点テーマ)のもと、CSR経営に取り組んでいます。

基本方針

(2014年5月策定)
当社グループのCSRの基本方針は、「一人ひとりが社会との『つながり』=接点であり、CSRを実践する主体である」という考え方と、CSRの原点は「責任」「信頼」「誠実」とする価値観を明文化したものです。

「責任」「信頼」「誠実」

東洋ゴムグループは、一人ひとりが社会との「つながり」を意識して行動し、人と社会に求められる企業であり続けます。

CSRの原点:「責任」「信頼」「誠実」
一人ひとりの誠実な行動により、企業としての責任を果たし、ステークホルダーからの信頼を獲得する。

重点テーマ

(2014年5月設定)
基本方針にもとづいてCSR活動を推進するにあたり、7つの重点テーマを設定し、それぞれの達成イメージとして「2020年のあるべき姿」を明確にしています。

これらは、「CSRを一人ひとりが実践する社会から信頼される企業」を具現化した姿と考えています。

また、東洋ゴムグループのステークホルダーを明確にし、7つの重点テーマとの関係性を下表で示しています。すなわち、それぞれの重点テーマの取り組みがステークホルダーに及ぼす影響の度合い(ステークホルダーにとっての重要性)を表しています。

重点テーマとステークホルダーの関係

重点テーマ 2020年のあるべき姿 ステークホルダーとの関係
1.製品・サービスの信頼と革新 高い品質と安全性をベースに、環境にやさしい製品・サービスを提供している
2.地球環境への貢献 グループ全体で環境経営を推進している
3.人権と多様性の尊重 国際的な人権意識のもと、多様な人材が活躍している
4.取引先との協働 サプライチェーン全体でCSRに取り組んでいる
5.地域社会との共生 ステークホルダーの声に耳を傾けながら、地域社会の発展に貢献している
6.安全で健康的な職場づくり 安全を最優先に、安心して働ける職場づくりに取り組んでいる
7.ガバナンス・コンプライアンスの強化 常に経営の透明性向上を図りながら、誠実な事業活動を実践している CSR経営の基盤としてすべてのステークホルダーに配慮しながら取り組んでいます。

ステークホルダーの種類

重点テーマの特定プロセス

多岐にわたるCSR活動のなかで重点的に取り組むべき課題を、当社グループとステークホルダーにとっての重要性(マテリアリティ)を軸に、以下のプロセスで特定し、それらを2014年5月に7つの重点テーマに集約しました。

重点テーマの特定プロセスのフロー図

責任者(管理本部長)からのメッセージ

ステークホルダーからの信頼を回復できるよう、一人ひとりがCSR活動を実践していきます。

東洋ゴム工業株式会社 執行役員 管理本部長 大野 幾雄東洋ゴム工業株式会社
執行役員
管理本部長
大野 幾雄

東洋ゴムグループは、現在、2015年に公表した免震ゴム問題および防振ゴム問題の再発防止に取り組んでいます。そのなかの一つが「社会に求められる企業として備えるべき風土をつくり直す」ことです。容易なことではありませんが、当社グループには、その指針となる「CSR方針」があります。全役員・全従業員一人ひとりがこの方針を再徹底するとともに、重点テーマに掲げた7つのCSR課題について、「2020年のあるべき姿」にたどり着くための具体的なアクションプランを明確にし、実行していきます。その過程を経て、当社グループは社会に求められる企業に生まれ変わることができると考えています。

CSRの取り組み