公平・透明な取引

東洋ゴムグループ購買基本方針

「東洋ゴムグループ企業行動憲章」及び「CSR基本方針」にもとづき、国内外のすべての取引先の皆様に対し、オープンでフェアな購買活動を行い 適正な品質・価格を追求し、安定供給を確保します。

  • コンプライアンス
    購買活動にあたって、関連する法令・社会規範を遵守するとともに、機密保持を徹底します。
  • パートナーシップ
    取引先様との誠実、健全な関係を維持し、対等な立場での協力関係を築きます。 コミュニケーションの充実を図り、相互の信頼を強化し、共に成長、発展することを目指します。
  • 透明かつ公平な取引
    取引先様の選定にあたっては、CSRに関する取り組みの共有と協働及び品質・価格・納期・安定供給能力などを総合的に評価します。
  • 環境への配慮
    地球環境負荷低減に配慮した購買活動を推進します。

公平・透明な取引

コンプライアンスの徹底

下請法管理責任者会議下請法管理責任者会議

お取引先さまのご協力をいただきながら事業を進めていくうえで、下請法をはじめとする関連法令や社会規範の遵守、および機密保持の徹底は重大な責務です。

2016年度は、コンプライアンス推進部が購買部門と協力し、当社グループで下請事業者との取引を行っている部門に対し、下請法の理解度と遵守状況を確認するためのチェックリストによる自主点検を実施しました。点検結果を分析し、必要な改善策およびよりきめ細かい予防対策を実施しています。

さらに、適正な下請取引を徹底するため、管理責任者を明確にして、「下請法管理責任者会議」を設置しました。同会議を通じて、継続的な勉強会の実施、共通マニュアル等の導入、グループ内での情報の共有化を進め、下請取引担当者の知識の向上と理解レベルの統一化を図っていきます。

電子入札システムの活用

お取引先さまの選定にあたって、選定プロセスの公平性・透明性をより高めるため、電子入札システムを導入し、国内外の主要な購買拠点で運用しています。

CSRの取り組み