• Report
  • 2018D1GP Rd.3オートポリス・レーシングコース<動画レポート>
INFO.
home

2018D1GP Rd.3オートポリス・レーシングコース<動画レポート>

20180415_01_01_T_ISHII

■イベント名:2018 AUTOPOLIS DRIFT
■大会名:2018 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.3
■開催期間:2018年4月14(土)~15(日)
■開催場所:大分県「オートポリス」
■天候:14日、雨(路面ウエット)/15日、雨のち晴れ(路面ウエット→ドライ)


大会レポート

20180415_01_02_T_ISHII

2018年の第3戦はD1GPとしては4年振りの開催となるオートポリスが舞台。コースレイアウトは4年前とほぼ同じで、長いストレートの後に1コーナーとなる右コーナー、すぐに振りっ返して大きな左コーナーという2つのコーナーで争われます。ただしスタートからの加速で勝負が決まってしまうような状況を改善するため、4年前よりもスタート地点を1コーナー寄りに移動しています。そのため1コーナーの進入速度は速いクルマで150km/hを超えるくらい。昔のように200km/hを超えるようなドリフトは見られなくなりましたが、加速勝負の影響が減ったぶん、接近戦が多くなりました。セクター割りはホームストレートの振り出し地点が第1セクター(30点満点)、1コーナーのクリップの先までが第2セクター(20点満点)、2コーナーへの振りっ返しが第3セクター(30点満点)、2コーナーの立ち上がりが第4セクター(20点満点)となっています。予選が行なわれた14日は低気圧の接近で強い雨の中での開催。単走ファイナル、追走トーナメントが行われた15日は午前中の9時頃まで小雨と霧が残ったものの、単走ファイナル開始時には路面もライン上は白煙があがりはじめるくらいのハーフウエット。単走ファイナル1本目の後半以降はドライ路面に変わる路面状況での開催となりました。

20180415_01_03_T_ISHII

Team TOYO TIRES DRIFTからは、藤野秀之選手、川畑真人選手、松井有紀夫選手、末永正雄選手、Daychapon Toyingcharoen(ポン)選手、Charles Ng(チャールズ)選手、内海彰乃選手、田所義文選手の8名が第3戦に参加しました(田中省己選手はケガのため欠場)。大会のハイライトとなる単走ファイナルで1位となった川畑選手、2位となった藤野選手の走りと、ベスト8戦以降の各選手の戦いを動画と写真でご紹介します。

単走ファイナル1位 川畑真人選手

わずかにウエット係数が残ったなかでの走行となった川畑選手。とはいえライン上はほぼドライ路面。ミスなく走りきれば、高得点が期待できる状況です。ただライバルの藤野選手は川畑選手より後の走行。きちんと高得点を出さなければ1位は取れない、そんな状況での走りとなりました。

20180415_01_04_T_ISHII

単走ファイナル2位 藤野秀之選手

シリーズポイントリーダーということもあり、単走ファイナル1本目の走行は最後の出走順となった藤野選手。直前には川畑選手が100点越えの走りを決めて暫定1位という状況での走行です。ライバルの得点を超える走りを決めて1位になれるのか? 第2戦のときとは川畑選手と正反対の状況で走らなければいけないなかでの走りです。

20180415_01_05_T_SIHII

追走トーナメントベスト8戦 川畑真人選手 vs 上野高広選手

ベスト8戦の1組目は川畑選手vs 久しぶりに追走ベスト8まで勝ち進んだベテラン上野選手です。この対戦は過去に行なわれたオートポリスでのD1GPでも対戦経験のあるカード。その時とマシンは変わっているものの、お互いの走り方を理解している同士の戦いとなります。先行の時にどういう走りを決めて、追走の時にどういう走りをするか? 2人の戦略がハッキリと見て取れる戦いとなりました。

20180415_01_06_T_ISHII

20180415_01_07_T_ISHII

追走トーナメントベスト8戦 藤野秀之選手 vs 末永直登選手

ベスト8戦の2組目は、前回の舞洲に引き続いてまたの対戦となった藤野選手vs末永直登選手の対戦です。前回は勝利した藤野選手ですが、末永選手も今回は新しいタイヤの使い方も理解を深め、調子が良さそうななかでの対戦。その戦いは2本の走行では勝負がつかず、エクステンデッドにもつれ込みます。その時に新品タイヤを投入した末永選手に対し、先の戦いを見据えて中古タイヤのまま(新品タイヤを温存)で戦いを挑んだ藤野選手。2台のタイヤの状況の違いを考えながら見ると、選手が感じ取る“勝負どころ”のせめぎ合いを垣間見ることができます。

20180415_01_08_T_ISHII

20180415_01_09_T_ISHII

追走トーナメントベスト8戦 畑中真吾選手 vs 末永正雄選手

ベスト8戦の3組目は、開幕戦で優勝した畑中選手vs末永正雄選手との対戦でしたが、直前の走行で畑中選手のマシンにエンジントラブルが発生。畑中選手はリタイア届けを提出し、不戦勝という形で末永選手が勝ち名乗り走行を行ないました。タイヤ制限があるため、ドリフト走行をせずタイヤを温存する形での勝ち名乗り走行でした。

20180415_01_10_T_ISHII

追走トーナメント準決勝戦 川畑真人選手 vs 横井昌志選手

準決勝戦の1組目は、川畑選手vs何度も接戦を繰り広げたことのある横井選手との対戦です。その横井選手は今年からマシンを新しくしていて戦闘力が大幅にアップ。川畑選手&R35GT-Rという組み合わせを持ってしても、簡単に勝てる相手ではありません。また横井選手のマシンは川畑選手との対戦の直前までエンジントラブルを抱えていたものの、ギリギリ修理が間に合ってフルパワーで走れる状態。そんな選手同士のメンタルの違いも考えながら見ると走りの差も理解しやすい対戦です。

20180415_01_11_T_ISHII

20180415_01_12_T_ISHII

追走トーナメント準決勝戦 末永直登選手 vs 末永正雄選手

準決勝戦の2組目は、実の兄弟対決となった末永直登(兄)選手vs我らが末永正雄(弟)選手という対戦です。意外とD1GPでは対戦経験が多い組み合わせですが、どちらも負けまいという気持ちが強く、毎回100%以上の力を出し合って大接戦となる好カードです。今回もその例外には漏れず、エクステンデッドまでもつれ込むハイレベルな大接戦。そのエクステンデッドで新品タイヤを投入して気合いを入れた正雄選手に対し、タイヤの残りが無く中古タイヤを使わざるを得ない直登選手。常識的に考えれば正雄選手は盤石の体勢で勝負はあったか、と思わせるようなシチュエーションでした。ワンミスが命取り、その言葉がよくわかる対戦となってしまいました。

20180415_01_13_T_ISHII

20180415_01_14_T_ISHII

追走トーナメント準決勝戦 川畑真人選手 vs 末永正雄選手

準決勝戦で惜しくも敗れてしまった川畑選手と末永選手は、チームTOYO TIRES DRIFTとTeam TRUST、R35GT-R同士の対決となる戦いを3位決定戦で争うこととなりました。本音を言わせて貰えば決勝戦で対決する姿を見たかったカードですが、準決勝戦で両者が負けてしまったのではしかたがありません。900psパワーと軽量化&マシンバランスに優れる川畑選手のR35GT-Rに対し、1000psのパワーとセッティングの熟成で挑む末永選手のR35GT-R。もちろんタイヤはどちらもPROXES R888R DRIFTで、川畑選手は新品タイヤ、末永選手は中古タイヤでの対戦です。また川畑選手は末永選手が乗るR35GT-Rに乗っていたため、良い部分も悪い部分も知っています。対して末永選手は川畑選手のマシンには乗ったことがありませんので、2台のマシンの性能差を熟知しているのは川畑選手だけ。末永選手がどこまで不利な状況を跳ね返せるのか? そんな対戦となりました。

20180415_01_15_T_ISHII

■2018 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.3 RESULT

最終的なリザルトは次のようになりました。

ドライバー 単走ランキング 総合順位 シリーズランキング
川畑真人選手 単走ランキング1位 総合順位3位 シリーズランキング3位
末永正雄選手 単走ランキング6位 総合順位4位 シリーズランキング7位
藤野秀之選手 単走ランキング2位 総合順位5位 シリーズランキング1位
内海彰乃選手 単走ランキング7位 総合順位9位 シリーズランキング14位
チャールズ選手 単走ランキング16位 総合順位16位 シリーズランキング13位
松井有紀夫選手 単走ランキング17位 総合順位17位 シリーズランキング11位
田所義文選手 単走ランキング18位 総合順位18位 シリーズランキング26位
ポン選手 予選敗退 シリーズランキング15位

関連記事

関連記事
INFO.

PROXES R888R Drift

TOYO TIRES

D1 GRAND PRIX

GOODS

menu
TOYO TIRES driven to perform
facebook