重点テーマ3:人権と多様性の尊重

優先的に取り組むべき課題

  • 人権尊重責任の遂行
  • 国際慣習法に照らした労働基準の見直し

関与が大きいステークホルダー

直接的:従業員、地域社会、取引先
間接的:株主・投資家、債権者、NGO、業界団体

優先的に取り組むべきと考える理由

東洋ゴムグループは、ステークホルダーの多様化に対応するため、国際規範を支持・尊重し、企業活動が人権に悪影響を与えるリスクを低減するとともに、人権の享受を支持・促進する機会としていくことを、優先的に取り組むべき課題と位置づけています。

方針

東洋ゴムグループは、世界人権宣言やILO宣言など、人権・労働に関する国際規範を尊重しています。そして、人権の尊重責任を全うするため、当社グループの企業活動の影響の及ぶ範囲内における⼈権の促進と発展に対し、積極的な貢献を行います。
特に職場環境においては、安全かつ健全な労働条件を提供するとともに、⼈事慣⾏における差別禁⽌、および直接、間接を問わず、強制労働または児童労働の不使⽤を徹底します。また当社グループが人権侵害に加担しないよう、お取引先さまとも協働して⼈権の享受を⽀持・促進します。
また、ダイバーシティ推進を重要な人事政策の一つと位置付け、多様な人材の育成・活躍のための制度の充実を推進します。
なお、誠実に企業活動を行うためのグループ各社共通の行動原則として定める「東洋ゴムグループ企業行動憲章」において、人権及び各地域の文化、慣習を尊重した経営を行うこと、そして職場において、お互いの多様性を尊重することを掲げています。

2020のあるべき姿

国際的な人権意識のもと、多様な人材が活躍している

目標

職場における人権を尊重し、あらゆる差別の撤廃とダイバーシティの推進に努めます。

責任

コーポレート統括部門管掌執行役員

活動推進体制

人権

雇用

  • ※海外(関係会社)においては、各国の法令およびサスティナビリティ推進WGで検討、策定されたグループ方針に基づき、各社の人事・総務管理者が活動を推進
東洋ゴム工業グループが所属する業界団体

苦情処理システム(窓口)

  • ホットライン相談窓口(内部通報制度)…(対象)従業員、お取引先
  • お客様相談室…(対象)顧客、地域社会
  • Webお問い合わせフォーム…(対象)顧客、株主・投資家、NGO
  • 労使協議会…(対象)従業員

2017年活動実績

CSRの取り組み