ダイバーテック事業

東洋ゴム工業は、タイヤのほかに、ゴムの特性を最大限に引き出し、独自の技術で多様な用途やニーズに応えていくゴム工業製品を社会に届けています。ダイバーテックとは、こうしたダイバーシティとテクノロジーを組み合わせて事業を行うという思想からできたセグメントです。売上高の約20%を占め、ゴム・材料配合技術、振動制御技術を活かし、多岐にわたる製品を展開しています。

グループネットワークを生かした、きめ細やかな事業展開

輸送機器分野

交通・移動手段における高速化が進むとともに、高いスピードを支えると同時に、快適性や安全性の確保が必要とされています。路面との高速接触で起こる激しい振動をより少なく抑制、吸収し、快適な居住性を実現するため、鉄道車両用の防振ゴムや空気バネ、自動車用の防振ゴムやシートクッションなどを開発、供給しています。

断熱・防水資材分野

農畜産施設向けの断熱材をはじめ、液化天然ガスの輸送や貯蔵など特殊な断熱が求められる用途に超低温断熱材を供給しています。耐候性や耐熱性、耐薬品性の高い遮水用シートといった土木防水分野まで、幅広い分野にその技術を応用しています。

産業・建築資材分野

建築免震ゴムや建築産業用ゴムホース、車止めや車線分離標などの道路資材など、社会の幅広い産業資材・インフラ資材としてさまざまな製品を提供しています。

3分野に集中し、グローバルでの展開を

自動車部品事業・ウレタン事業・化工品事業の3分野をコア事業として位置づけ、グローバルサプライチェーンの確立と独自技術を生かした高付加価値製品・環境配慮商品の開発に取り組んでいます。

自動車部品事業の拡大

自動車から排出されるCO₂の低減に向けて、自動車業界では燃費の向上が求められています。東洋ゴム工業では、ハイブリッド車や電気自動車など、次代のクルマ社会に求められる環境性能にも対応した高機能な防振部品を開発しています。また、自動車産業の成長著しい海外市場での需要に対応するため、現地工場の能力拡大や需要に対応するため、現地工場の能力拡大や新しい生産供給拠点の開設などを推進しています。

ウレタン事業のアジア展開

環境・安全に対する課題に着目し、防熱・断熱分野における独自の技術開発を進めています。今後ますます社会が成長していくアジア市場での要請に応えるべく国内で培った高い技術力を活用し、断熱事業の拡大を図ります。

鉄道車両部品事業の海外展開

鉄道輸送はCO₂排出量が少なく、輸送効率が高いことから、環境負荷の少ない輸送手段として注目されています。東洋ゴム工業は鉄道車両に求められる多様な要求に対応した防振ゴム、空気バネの開発を進めてきました。環境負荷の低い輸送手段へのモーダルシフトに伴う世界的な需要の増加に対応し、海外市場での早期事業拡大を図っていきます。

Major Product Lineup

  • 樹脂製等速ジョイントブーツ
  • フレキシブルカップリング
  • 防振ゴム
  • 鉄道用空気ばね
  • 防水工法
  • 現場発泡向けシステム原液

樹脂製等速ジョイントブーツ

フレキシブルカップリング

防振ゴム

鉄道用空気ばね

防水工法

現場発泡向けシステム原液

関連ページ

企業情報