トップメッセージ

昨年、当社グループが製造、販売してきた建築用免震ゴム装置、一般産業用防振ゴム部品の一部において、その検査工程等で不正行為があり、不適切に製品納入を行なっていたことが判明しました。これにより、多くの関係者の皆様方に多大なるご迷惑とご心配をおかけするに至ったことを謹んで深くお詫び申しあげます。

去る3月30日に開催した定時株主総会において株主の皆様より信任をいただいた新経営陣が先頭に立ち、免震ゴム問題・防振ゴム問題におけるお客様への対応・対策を会社の最優先課題と位置づけて、現在、全力をあげてこの対処にあたってまいります。
当社は問題が度重なったことを大変重く受け止めるとともに、これらの原因と内在する問題点に真摯に向き合い、外部専門機関の支援も採り入れながら、断行すべき再発防止策をとりまとめました。

事業基盤の総点検と再整備を主眼として優先的に行なう「緊急対策」、経営基盤の再構築と確立に向けて長期的視野を持って行なう「徹底対策」、いずれの施策についても推進部門を明確に、責任を持って遂行するとともに、全体の進捗管理を徹底していく所存です。
本来、会社は社会のために必要とされる存在でなければならないと考えています。もう一度、社会から期待していただける会社へ信頼を回復できるよう、策定した再発防止策を真摯に取り組んでいきます。

特に、品質保証・管理体制の厳正なる再点検を行なうとともに、改めて、ものづくり企業としてあるべき姿を追求し、当社グループ役員一同、そして全社員が力を合わせて正しい事業経営と風土改革に全力を注いでいきます。

2016年4月

中期経営計画

企業情報